【JR大阪駅】細かな気配りで街に新しいドラマを 大阪環状線に新型車両323系が登場

%e5%90%84%e9%a7%85%e5%81%9c%e8%bb%8a-2 

 JR大阪駅からディープタウン・京橋、鶴橋を経て、「あべのハルカス」で今をときめく天王寺へ。そして通天閣を横目に新今宮、ベイエリアやUSJに近い弁天町、西九条を巡って、再び大阪駅へ。

 大阪の街をぐるりと一周するJR大阪環状線に12月24日(土)、同線とゆめ咲線専用の新型車両「323系」がデビューする。12月3日に森ノ宮で開かれた一般公開に合わせて行われた報道公開で、大阪の新しい“顔”をひと足早くチェックしてきた。

dsc_0981
一般公開された大阪環状線専用新型車両323系

 大阪環状線と言えば、四角いオレンジ色の車両がたくさんの人を乗せて、ガタンゴトンと重々しく走るイメージだった。しかし、いま走っている「103系」や「201系」の置き換えを目的に開発された「323系」は、そんなイメージをくつがえし、光沢のあるシルバー色の車体と、そこにすっきりと引かれたオレンジのラインが目を引き、とてもスマートで洗練された印象だ。

 形状でまず大きく異なるのはドアの数。

 「103系」「201系」などJR西日本の通勤形電車の主力車両はこれまで1両あたり4扉だったが、「323系」は3扉が採用された。大阪環状線では既に関西空港や奈良方面と直通する快速電車に3扉車が充当されており、新車両も3扉にすることで、発着する電車の扉数が統一でき、将来のホームドアの設置が容易になる。大阪駅で並んでいると、やって来る列車の種類によって待つ位置が変わって戸惑うことがあったが、今後は減りそうだ。

dsc_0905-1
8号車は乗降スペースを広めに取っている

 一方、扉が減ると乗降に手間取ったり、混雑する可能性も否定できない。そこで、乗降客が多い大阪駅御堂筋口側の8号車は、座席数を減らして、ドア横のスペースを広めを取るなどの工夫を加えた。訪日外国人の増加なども手伝い、大きなスーツケースを持って乗車する人をよく見かけるので、利用者には喜ばれるだろう。

 また女性専用車となる4号車に足を踏み入れると、照明の色合いが他の号車と違うことに気づいた。ライトが少し赤みがかり、明かりに柔らかさがある。照明を変えることで、女性専用車だとすぐにわかるようにしたと言う。ドアの横にも「女性専用車」と大きな表記。将来的にはプリクラのように、女性をキレイに見せてくれる照明が搭載されるかもしれない。そんなことも思わせるほど、細かな気遣いだ。

dsc_0928
女性専用車は赤みがかった柔らかな照明

 配慮という点では、座席にも目を見張った。優先座席には1人ずつ仕切るように取っ手が設けられ、高齢者や体が不自由な人も立ち上がりやすいようになっている。

 一般座席のドアを横にする端の席にも肘掛けが付けられており、なかなか快適。このところ首都圏を中心に座り心地が堅めのシートが増えているが、シートも適度に弾力があり、ゆっくり座れるのにも安心した。やっぱり関西はこうでなくっちゃ。ただ、大阪環状線は私鉄や地下鉄との乗り換え利用が中心で、乗車時間はそれほど長くない。「大阪環状線だけでなく、もっと長距離を乗っても全然大丈夫やで」と感じさせるグレードだった。

dsc_0908 dsc_0947
dsc_0967 dsc_0926

 

 このほか、防犯カメラや、日本語、英語、中国語(簡体字)、韓国語を表示する案内ディスプレイ、空気清浄機など新機能も興味深かった。また、Wi-Fiを装備しているのも便利。ゲストコード取得などの手間がかかるが、海外の交通機関ではWi-Fiの開放が一般化しているだけに、外国人観光客だけでなく、日本人の利用ニーズも今後高まっていくはずだ。

 12月24日(土)の16時9分に京橋駅を発車する内回り電車から「323系」が営業運転を開始する。

 時はクリスマスイブ。大阪の街に多くのドラマを生んできた大阪環状線。新車両がナニワをどんな風に彩ってくれるのか注目だ。(鈴)

一般公開に合わせて顔をそろえた大阪環状線の新旧車両
一般公開に合わせて顔をそろえた大阪環状線の新旧車両

 ◇  ◇

 「各駅停車で行こう!」は、駅から始まる人や街の話題を少しマニアックにつづります。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 各駅停車で行こう!

あなたにおすすめの記事