美味で体に優しい!? ウェスティンホテル大阪 中国料理「故宮」の新ランチコースを味わってみた!

clm_03

料理長の王さんは2007年から毎日放送「ちちんぷいぷい」キッチンコーナーに出演中
料理長の王さんは毎日放送「ちちんぷいぷい」キッチンコーナーに2007年から出演しており、親しみやすい人柄で人気を集めている

 ウェスティンホテル大阪が中国料理「故宮」のランチメニューを11月から一新。テーブルオーダー式飲茶バイキングを終了し、新たに「口福ランチコース」、「美食ランチコース」をスタートさせている。新メニューは料理長の王憲生(ワンヒンサン)さんが、コンセプトとする“美味”と“医食同源”をより極めることにこだわったコース料理だ。

 両コースとも1品ごとに手が込んでおり、特に美食ランチコースの方はボリュームもすごい。「とっておきの料理で満腹になり、満足して帰ってほしい」という王さんの心意気を感じる。

 7000円の口福ランチコースは高級食材を使った選りすぐりの全6品。特製の本格薬膳蒸しスープは冬でも汗が滲み出るほど体の中から温まる。4500円の美食ランチコースはバリエーション豊かな全9品。前菜から炒め物、揚げ物など故宮の味を手軽に楽しめる。そして美食コースの最後を締めくくる人気のデザートは、好きなだけ食べても良いというから驚きだ。口福ランチコースのメニューは毎月、美食ランチコースのメニューは2カ月ごとに変わる。

 故宮の料理は、本格広東料理でありながら、満腹になっても胃もたれがしないと言われている。その理由は「低塩・低糖・低油を要にした料理長独自の調理法によるもの」とホテル広報担当の廣川さん。「計算し尽くしたメニュー構成で、おいしいのはもちろんのこと、予想をはるかに上回る驚きと高揚感を与える、体に優しい料理を実現しています」

 

 また、故宮は「ミシュランガイド京都・大阪2017」で大阪の中国レストランの中で唯一、8年連続で星を獲得している。「料理長のユーモアにあふれた人柄も、故宮が多くのお客様に愛されている理由の1つです」と廣川さんは言う。

 まずは是非、王料理長の技とこだわりがたっぷり詰まった奥深い料理を味わえる口福ランチコースから楽しんでみてはいかが。(畑)

 

kokyu_kofuku_course〇口福ランチコース 全6品 7000円(税・サービス料込み)

 ※下記は11月のメニュー

 ・サーモンの冷製オードブル

 ・活エゾ鮑と高級中国乾貨入り 王特製薬膳蒸しスープ

 ・黒毛和牛とあわび茸のXOソース炒め

 ・イセエビの煮込み クリームソース

 ・故宮特製チャーハンスープ添え三種の味わい

 ・デザート三種の盛り合わせ

 

 

 

kokyu_bishoku_course_〇美食ランチコース 全9品 4500円(税・サービス料込み)

 ※下記は11月・12月のメニュー

 ・故宮特製七種オードブル盛り合わせ

 ・蟹身入り豆腐のとろみスープ

 ・海老と季節野菜のXOソース炒め

 ・牛フィレ肉のステーキ黒胡椒風味

 ・精進春巻きと鶏のから揚げ盛り合わせ

 ・五目入り焼きそばor炒飯or汁そば(1テーブルで1種類選択)

               ・特製杏仁豆腐(好きなだけ食べてOK)

               ・タピオカ入りココナッツミルク(好きなだけ食べてOK)

               ・胡麻団子

 

ウェスティンホテル大阪 3階 中国料理「故宮」

ランチタイム11時半~15時(14時半ラストオーダー)

予約・問い合わせ06-6440-1065

◇ ◇

 「キキミミ!気になるNewな店」は、朝日ファミリーのフレッシュな若手女性記者が街にお目見えした新店や新メニューを食べつくす、探りつくす新コーナーです。体当たりのリポートにご期待ください。

 

あなたにおすすめの記事