医療・看護フェア開催 5月10日(木)・11日(金)箕面市立病院

昨年開催から

 箕面市立病院は「医療・看護フェア」を5月10日(木)・11日(金)の2日間で開催する。医師、看護師らの医療スタッフが、日ごろの健康管理に役立つ情報を来場者に伝える。

 毎年5月12日の「看護の日」周辺に行われる恒例のイベントとして、地域に定着している。今年は丈夫な骨と足腰作りをテーマにした講演会のほか、体脂肪、骨密度、肺年齢、下肢筋力のチェックができるコーナー、栄養バランスチェックコーナー、救急蘇生(AED)体験、医師・看護師らによる医療相談など、参加することで、自分の体や健康について改めて意識を高められるイベントを多数用意している。参加費は無料。10日(木)・11日(金)両日午前10時~午後4時まで。同院のリハビリテーションセンター4階で行う。イベントは以下の通り。

 

■講演会「コツコツ骨活!健康な足腰作り」~いつまでも自分の足で歩き続けるために~

講師:林あゆみ(箕面市立病院看護師) 出村和彦(箕面市立病院理学療法士)

時間:午後2時~午後3時(両日開催)

 

■体脂肪・骨密度・肺年齢・下肢筋力チェック

実は「隠れ肥満」だったり、骨や肺が衰えているかも? 今回から新たに加わった下肢筋力チェックをはじめ、チェックコーナーで自分の体のことを理解しませんか? (予約不要・人数制限なし)

 

■栄養バランスチェック

フードモデルを使って、食事の栄養バランスがとれているかどうかチェックしてみては? ふだんの食事の改善点などもわかります。

 

問い合わせは箕面市立病院 事務局病院経営室 電話072・728・2001

昨年開催から。箕面市のキャラクター「滝ノ道ゆずる」も救急蘇生に挑戦



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: AFメディカル

あなたにおすすめの記事