池田市の高台に城…?櫓(やぐら)…?
駅から徒歩約15分の絶景スポットに突撃!

 五月山動物園のウォンバット、落語での町おこし……。それに、インスタントラーメン発明記念館。文化や自然に触れられる都市・池田市。「実はな、城みたいなんが見えるんよ。行ったことないんやけど」という市民の声をキャッチ! 謎解き心がくすぐられますな~。池田市に城があるなんて、初耳! ということで池田市へ出発~!

 

 阪急池田駅から、北の方角へてくてくと歩く。地元の人の温かさを感じる商店街、閑静な住宅街をひたすらに進む。「城……。どこなん?」。こんな住宅が密集している所にあるわけな…あ!

住宅街からのぞくやぐら風の建物

 え、城?! 五月山のふもとに確かに見える。高鳴る鼓動に、はやる気持ち。

階段を上ったらどんな景色が広がるのか……

階段を上りきると……。

美しく手入れされた庭園
芝生が美しい庭園

うっとりするような美しい光景が広がる。

コイが優雅に泳ぐ池

 

 城に見えたのは、どうやら櫓風の建物のようだ。まずは一周散策。芝生の広場や、コイが優雅に泳ぐ池など、ゆったりと時間が流れている。めちゃめちゃすてきなスポットやんか……。櫓風の建物は2階建てで、階段で上れるようになっている。どきどきしながら階段を上がれば、一気に視界が開ける。

眼下に広がる池田市街地

 猪名川にかかる新猪名川大橋(通称ビッグハープ)や、市街地が眼下に広がる。訪れる人たちは、お年寄りから家族連れ、カップルまでさまざま。写真を撮ったり、語らったりと思い思いに過ごしている。住宅地から歩いて数分のところに、こんな絶景ポイントがあるなんて……!

右端に見えるのが新猪名川大橋

 

 池田市環境部公園みどり課などによると、ここは「池田城跡公園」。同公園のオープンは、2000(平成12)年4月。もともと、地方豪族の池田氏の居城があった土地に整備されたという。敷地は1万5600平方㍍。発掘調査などで確認された虎口(城の出入り口)など一部の遺構は復元され、櫓風の建物などは城跡のイメージで作られた。櫓のほか、庭園、茶室、あずまや、多目的舞台などもある。櫓風の建物は展望休憩舎で、階段に電動いすが付いており、お年寄りらも利用できるという。展望休憩舎では池にいるコイ用のえさも販売されている。ちょうど今(6月中旬)の時期は、白ユリが見ごろだ。

休憩舎から見下ろす庭園

 久しぶりにスカッと謎が解けてすっきり! 今度は、さらに眺望が良さそうな五月山まで登ってみようかな。(市)

 

謎解き度(5)★★★★★

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ソボクなナゾ解きし隊!

あなたにおすすめの記事