「朝日ファミリー」ってどんなメディア?

「朝日ファミリー」って雑誌? それとも新聞?

阪神間・北摂地域で配布しているタブロイド判の生活情報紙です。

「朝日ファミリーStyle」は、阪神間・北摂地域など関西でも人気の高い郊外・住宅エリアに、朝日新聞への折り込みで配布している、1977年創刊のフリーペーパー。タブロイド判の生活情報紙です。

朝日ファミリー

「ひと 響き合う」に込めた思いとは?

紙面とWEBを通じて、人と人が響き合う
まちづくりのお役にたちたい

朝日ファミリーは、常に「ひと」ありきで紙面を作っていきたいと考えています。
阪神間・北摂地域は、さまざまな分野の第一線で活躍する人が多く住むだけでなく、住民のみなさまの文化・学術への意識が高く、好奇心旺盛で地域のリーダーとなってアクティブに活動する人の多いエリアでもあります。何か特別なことに取り組んでいる人だけでなく、母親、店主、地域人として前向きに賢く暮らすすてきな人たちに、多彩な切り口で、なるべくたくさん紙面に登場していただきたい。そして紙面とWEBを通じて、人と人が響き合うまちづくりのお役にたちたい。そんな願いと決意を込めています。

「まちメディア」ってどういうもの?

読んで行動に移してもらえるツールに…

私たちは「何」を作り、売り、届けているのか――の原点に返りたいと考えました。これからこだわっていきたいのは「ひと」ですが、さらには、阪神間・北摂地域という類いまれなエリアにもとことんこだわっていきたい。これまでのキャッチフレーズ「ともに考える」から一歩進み、読んで行動に移してもらえるツールになりたい。そういった思いを込め、私たちは「まちメディア」を作っていくということを宣言し、キャッチフレーズとしています。

どんなエリアに配布されているの?

主に阪神地区に配布されます

阪神地区と北摂地区に配布しております。

阪神地区

大阪と神戸の間に位置する西宮市、芦屋市、宝塚市、神戸市(東灘区・灘区・中央区)、尼崎市、伊丹市など、全国有数の高級住宅地が点在するエリア。 JRと阪急電鉄、阪神電鉄の3路線が並行して運行し、都市部との結びつきが強く、海、山、多くの公園や名所があり、住環境の面でも極めて人気があります。古くから「阪神間モダニズム」発祥地として知られ、谷崎潤一郎はじめ多くの作家がこの地を小説の舞台にもしてきました。いまでも各界の有名人が暮らしています。ファッションや、グルメなどでも雑誌やテレビで頻繁に紹介され、全国的なマーケットをリードするエリアです。

北摂地区

豊中市、吹田市、箕面市、池田市、川西市、茨木市、豊能町、能勢町、猪名川町など消費行動において大阪中心部との結びつきが強いエリアで、大阪の郊外でも人気のエリア。
1970年の大阪万博、実験都市として発展してきた千里ニュータウンなどは全国的にも有名です。大阪空港や新幹線のターミナルへのアクセスが良く、高速自動車道など交通の便にもすぐれています。

広告を出したいのですが、どんなサイズの広告スペースがありますか?

1段あたりのサイズにゆとりがあるのが大きなセールスポイントです。

朝日ファミリーの記事体広告は、ゆったり、文字も大きく、読みやすくが基本。
記事下広告も含めて、タブロイド判としては1段あたりのサイズにゆとりがあるのが大きなセールスポイントです。
ペイドパブ・意匠体広告は1段からあります。雑報はユニット広告として1ユニット(0.2段)から出稿できるなど、予算が限られている場合でも効果的に使っていただけます。
そして全ページや、センターの二連版見開きページでタイアップ広告も展開できます。長年にわたる自社メディアや朝日新聞広告特集の制作で培った、コンテンツ制作能力を最大限に生かした商品です。企画案やラフ案の提示にも迅速に対応します。
(*出稿サイズに例外あり。詳しくは、「申し込み・入稿のご案内」をご覧ください。)

<紙面見本>

紙面見本

広告媒体として「朝日ファミリー」には、どんな訴求効果が見込めますか?

レジャー、教育、グルメをはじめ「豊かさ」に関心のあるエリアです。

レジャー、教育、グルメをはじめ「豊かさ」に関心のあるエリアです。

マーケットとして魅力あるエリアに配布しているので、新商品のピンポイントエリアマーケティングや、クルーズなどの旅行商品の紹介やレジャー情報の訴求にも向いています。
教育にも関心が高いエリアゆえに、教育機関の内容訴求にも最適。阪神間は各種メディアでもケーキの街や、早くから洋食文化の根づく街として紹介され、「食」にまつわる情報にも敏感です。



  • 紙面に関するお問い合わせ 電話06-6201-0601(月~金 10:00~18:00)  FAX06-6201-1941
  • 広告に関するお問い合わせ 電話06-6201-3329(月~金 10:00~18:00)  FAX06-6201-1941

© Asahi Family News Co.,Ltd.