子育て漫画が人気! 会社員・漫画家のあおむろひろゆきさん
育脳インストラクターの中島みちるさんに育児お悩み相談 

 日々の育児を描いた「子育て漫画」が、小さな子どもを持つパパやママに共感を得ています。茨木市の会社員・漫画家、あおむろひろゆきさんも、2児との日常をおもしろおかしく切り取った漫画が人気です。
格闘の日々が続く子育ての悩みと親子で習慣づけたいことについて、育脳インストラクターの中島みちるさんと一緒に考えてみました。(市沢美智子)

「笑って頑張ろう」茨木の新米パパあおむろさん

おおむろ・ひろゆき

 「『子どもはすぐに大きくなるで』と周りに言われ、形にしようと思って」。もともとイラストや漫画を描くのが好きだったあおむろさんは、長女が生まれた2013年から育児の出来事や感じたことを漫画で描き始めた。長女の愛らしいしぐさや大人には不思議な行動を、愛情たっぷり、コミカルに表現。クスッと笑えたり、ほっこりしたりと、読み手の心まで温かくなる作風が魅力だ。自画像は海坊主のようないでたち。「描く時間を短縮したくて、極限まで簡単にした結果です」と笑う。

 ツイッターなどで漫画を公開したところ、15年の冬ごろに人気俳優の目に留まったことがきっかけで知名度が急上昇。今ではツイッターのフォロワーが約5万人まで増えたという。書籍化の声もかかり、子育て漫画をまとめたコミック「きみといつまでも 泣き虫おとうちゃんの子育て500日」(宝島社)のほか、今年に入ってからも「新米おとうちゃんと小さな怪獣」(KKベストセラーズ)が発売されたばかり。

 幼い頃に父を亡くした女性読者から、「自分のお父さんも、あおむろさんみたいに、私を大切にしてくれたのだろうなって思えました」と感想をもらい胸を打たれたことも。「子育てはつらい時もたくさんあるけれど、読んだ人が、笑って、“頑張ろう”と言ってくれたらうれしい」

 それでも子育ては格闘や迷いの連続。あおむろさんら親が抱く“悩み”について、中島さんと考えた。

4コマ4コマ

育児中のエピソードを4コマ漫画にしたあおむろさんの作品はツイッターなどで人気

  • お悩み相談
  • 監修/中島みちる(育脳インストラクター)
    林成之育脳インストラクター。脳科学の視点を取り入れた人材育成に関する講座や、子育て・教育・生涯学習をはじめとした講演を多数開催。「少子化対策」「女性活躍推進」などの事業にも関わる。
  • イラスト

    Q1.長女は3歳。最近生まれた弟にやきもちをやく時があり、母親に甘えることが増えました。父親としてすべきことは何ですか?

  • 中島:「赤ちゃん返りだな」と子どもの行動に意味づけをしてしまいがちですが、子どもはただ自分を受け止めてほしいのです。
     お父さんが下の子どもの世話や家事を担当してくれると、お母さんが娘さんを抱っこできて、お母さんと娘さんの仲良しタイムが確保できます。
  • イラスト

    Q2.子どもに習い事をさせたいけど、親が押し付けて良いものですか?

  • 中島:自分から何かをしたいと言っても気持ちにむらがあるのが未就学児。習い事を始める時は、親主導にならざるを得ないと思います。ただ、強制されたり、叱られたりばかりでは、いくら時間をかけても習ったことは身に着きません。子ども本人が「ワクワクする」と興味を持ち、「好きだ」と感じた時に初めて学びが身に着きます。親は成果にこだわらず、取り組むプロセスを見守り、失敗した時は、親子で「次はどうしたらいいかな」と考える習慣を育みたいもの。自己肯定感を育む機会にもなります。
  • イラスト

    Q3.叱っても理解してくれず、「何が悪いの?」という顔をします。どうしたら良いですか?

  • 中島:長々と怒られたり、常に指示されたりしていると、自分を守るために「聞き流す習慣」を身に着けるのが私たちの脳の特徴です。子どもが聞き流さないよう叱るには、目の前の子どもの言動を受け止め、何を叱っているかシンプルに伝え、「パパは悲しかった」など親の気持ちを伝えることです。自分や人の体を傷つけた時だけ雷を落として止めましょう。
  • イラスト

    Q4.子どもの進路はできるだけ自由にさせたい。でも将来を考えると、どこまで助言すべきですか。

  • 中島:志望校を選ぶ時、苦手分野は避けようとか、とりあえず進学実績がある学校にと考えず、ポジティブに〇〇したいから、△△学校に行こうと考えたいです。色々なことに興味を持ち、何かに感動したり、憧れを抱けたりするお子さんなら、どの道を選んでも自分の人生を豊かに歩みます。さらに、脳の仕組みを生かし「自分で考えて実行する」習慣がつけば、やる気を持って取り組んでいきます。10歳までは未熟な子どもの脳なので、発達には規則正しい生活習慣など(下記)が不可欠です。
  • イラスト

習慣づけたい3つの事




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 教育 タグ:

あなたにおすすめの記事