タカラヅカ「男子部」の事実を描く 舞台「宝塚BOYS」8月31日(金)から

 「明日の宝塚スター」を夢見て集まった男たちを描く舞台「宝塚BOYS」(企画・製作:キューブ)が、8月31日(金)~9月2日(日)にサンケイホールブリーゼで上演される。出演者の愛華みれ、永田崇人が記者会で、舞台にかける思いや意気込みを語った。

 2014年に創立100周年を迎え、“女性だけのレビュー劇団”として世界的にも知られる宝塚歌劇団。その長い歴史の中で、かつて「男子部」があったという、ほとんど語られていない事実を舞台化した。2007年の初演は全国9カ所を巡演。時代と可憐な女性たちにほんろうされた、“おかしくて切ない、精一杯の男たちの青春物語”は各地で話題をさらい、翌08年、10年、13年と上演を重ねてきた。

 5回目の上演となる今回、大阪公演では永田崇人、溝口啄矢、塩田康平、富田健太郎、川原一馬といった、さまざまな分野で活躍が目覚ましいメンバーがそろい、ひときわフレッシュな宝塚BOYSを結成。元宝塚歌劇団花組トップスターの愛華みれ、洒脱で重厚な存在感が際立つ山西惇の実力派二人が脇を固め、宝塚BOYSの青春物語を彩る。

 劇中、男子部のメンバーたちはいつか大劇場の舞台に立てることを信じ、声楽・バレエと慣れないレッスンに明け暮れる。その一人を演じる永田崇人は「(前回上演の映像を見て)画面越しに彼らの汗くささ、泥くささといった『匂い』まで伝わってきた。25歳という節目を迎える今年の夏、この作品に対峙できることは意味のあること」と話した。そんなBOYSを温かく見守る寮母を演じる愛華みれは、「泣いて笑って、みんなが一つになれるような舞台を目指したい。(さまざまな形で)“宝塚”を愛する気持ちを、劇場に来て下さる皆さんと分かち合いたい」と宝塚歌劇OGならではのコメントで意気込みを表した。

会見に出席した永田崇人(左)と愛華みれ

 舞台「宝塚BOYS」は辻則彦著「男たちの宝塚~夢を追った研究生の半世紀」(神戸新聞総合出版センター刊)が原案。脚本は中島淳彦。演出は初演から引き続き鈴木裕美が務める。

 チケット一般発売は6月23日(土)。チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、楽天チケットで取り扱い。S席/8,800円、U25/5,000円(チケットぴあで前売りのみ取り扱い。当日座席指定・交換時要年齢明記身分証)。全席指定、未就学児入場不可。

 問い合わせはブリーゼチケットセンター TEL06・6341・8888(11時~18時)。

 ≪公式HP≫ ストーリーや上演情報など詳細はこちらまで

http://www.takarazukaboys.com/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事