【ステージトーク】ブロードウエイミュージカル「キンキーブーツ」でダブル主演する小池徹平と三浦春馬

熱い人生ドラマに初タッグ

「キンキーブーツ」でダブル主演する小池徹平(左)と三浦春馬=大阪市内で
「キンキーブーツ」でダブル主演する小池徹平(左)と三浦春馬=大阪市内で

 小池徹平と三浦春馬。卓越した歌と演技力、そしてダンスでめざましい活躍の二人が、ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」初の日本キャスト版で、ダブル主演に挑戦する。

 2005年公開のイギリス映画をシンディ・ローパー全曲作詞作曲によりミュージカル化。老舗靴工場の跡取り息子チャーリー(小池)が、ドラァグクイーンのローラ(三浦)に出会い、差別や偏見を捨て、苦境から再生する過程を描く。

 トニー賞6部門を受けた作品について、小池は「ポップでパワフル。歌もかっこいいけど、人生に悩み、成長していくストーリーがすばらしい」と話す。

 3年前にニューヨークで鑑賞して以来、出演を夢見ていた三浦は、「他人を受け入れれば自分が変わるとのメッセージが心に残り、日増しに思い入れが強くなりました」と意気込む。

 ハイヒールのブーツでの演技となる三浦。「現地で見た“立ち姿”は、ひとつのアートのように美しかった」そうで、家で履いたりして、姿勢を勉強中だ。

 小池は「繊細な人間の心情の変化を歌に込めたい。熱いミュージカルをお見せできるのを本当に楽しみにしています」。

【公演情報】

 8月13日(土)~22日(月)、オリックス劇場(全13公演)▼S13,500円・A11,500円・C7,500円・D5,500円(全席指定)▼問い合わせは℡0570・200・888、キョードーインフォメーション




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ, ステージトーク

関連記事