ブロードウェイ・ミュージカル「キンキ-ブーツ」 織田信成さんスペシャルプレゼンターに就任! 10月に大阪で来日公演

 プロフィギュアスケーターの織田信成さんが、ブロードウェイ・ミュージカル「キンキ-ブーツ」<来日公演>の大阪公演スペシャルプレゼンターに就任した。

 2005年公開のイギリス映画をシンディ・ローパー全曲作詞作曲によりミュージカル化した作品。老舗靴工場の跡取り息子チャーリーが、ドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見、幾多の困難を乗り越えて成長するストーリーを描く。

 トニー賞で13部門にノミネート、6部門を受賞。人間の絆と友情をテーマにした心温まるストーリーと、ダイナミックなパフォーマンス、全曲シンディが書き下ろした楽曲など、見どころが満載だ。

取材会に登場した織田信成さんと「foxy-o(with エンジェルズ)」の皆さん

 8月1日、大阪市内で開かれた就任発表の取材会。織田はサングラスにキラキラの銀色スーツというロックスターのようなゴージャスな衣装で現れ、集まった記者たちの度肝を抜いた。

 織田を守るように一緒に登場したのは、ドラァグクイーンの名店「do with cafe」の女将で、関西のドラァグクイーン界に君臨し続けるfoxy-o(with エンジェルズ)の“女帝”たち。キンキ-(奇抜)な衣装が魅力の一つである「キンキ-・ブーツ」の舞台を先取りする華やかさだった。

 織田は「フィギュアでいろんな衣装を着てきましたが、こんなに華やかなのは初めてで、すごく新鮮な気持ちですね」と大興奮。

作品に登場するブーツを手にPRする織田信成さん

 最近、エンタメ公演のサポーターを務める機会が増えていることについて、「ミュージカルやダンスは同じ表現者として共感できる部分が多いので、これからも応援していきたい」と意欲を見せた。

 さらに、「『キンキー・ブーツ』はストーリーもわかりやすく、情に熱く、派手好きな関西の人にも楽しんでいただけるのはないでしょうか。すごく盛り上がると思うので、ぜひ劇場へ足を運んでいただきたい」と笑顔で締めくくった。

 ブロードウェイ・ミュージカル「キンキ-ブーツ」<来日公演>は、10月5日(水)~30日(日)、大阪市西区のオリックス劇場で上演される。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ:

あなたにおすすめの記事