宝塚歌劇雪組 ミュージカル・ロマン 「私立探偵ケイレブ・ハント」/ショーグルーヴ 「Greatest HITS!」

大人の恋と友情 心の機敏を美しくカッコ良く

 いつまでも美しく、そしてカッコ良く。そんなOtojo(オトナ女性)の夢を体現しているのが宝塚歌劇だ。宝塚大劇場では10月に雪組公演、「私立探偵ケイレブ・ハント」「Greatest HITS!」が上演される。7月に開かれた制作発表会で、公演にかける思いを、出演する3人に聞いた。

制作発表会に出席した早霧せいな(中央)、
咲妃みゆ(右)、望海風斗(左)

 20世紀半ばのロサンゼルスを舞台に、私立探偵のケイレブ(早霧せいな)が共同出資者のジム(望海風斗)らとともに事件解決に奔走する姿を、彼の恋人イヴォンヌ(咲妃みゆ)との恋の行方とともに描き出す。作・演出の正塚晴彦は「魅力的な出演者がそろったので、人間ドラマを」と話す。

 雪組トップの早霧は「正塚先生の作品は会話劇を通して、人間像が浮き彫りになるのが楽しい。(望海と)2人だから描ける友情をお客様にお伝えしたい」。

 望海も「早霧さんと念願の仲間の役。自然な呼吸感で、私も本気でぶつかっていきます」と意気込む。

 咲妃は「早霧さんの踊りは元気ですごくカッコいい。雪組の一員として、楽しい作品をお届けできるよう一生懸命がんばります」と意欲を燃やす。

 ショーは「Greatest HITS!」。人々の心を酔わせ、躍らせる名曲のハーモニーと情熱的なダンスで構成する。作・演出の稲葉太地は「歌は世界をつなぐもの。雪組と観客が心を通わせるショーに」と構想を明かす。早霧も「ショーはお客様との距離がぐっと縮まるのが楽しい。なじみの曲が多いので、一層楽しんでいただけるのでは」と自信を見せる。

 粋な都会的な空気感の中で、トップコンビが男女の心の機敏を詳細に演じる雪組公演。この秋、大きな話題を呼びそうだ。

華麗な歌とダンスで魅了する3人

<公演情報>
10月7日(金)~11月7日(月)、宝塚大劇場(阪急・JR宝塚)。SS席12,000円、S席8,300円、A席5,500円、B席3,500円。
 問い合わせは℡0570・00・5100、宝塚歌劇インフォメーションセンター(10~17時、水曜定休)。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ:

あなたにおすすめの記事