【兵庫県立芸術文化センター】Dステ「お気に召すまま」 こんな笑えるシェイクスピアは初めて!?

柳下大(写真右)は1988年生まれ、神奈川県出身。前山剛久(左)は1991年生まれ、大阪府出身。写真は10月、兵庫県立芸術文化センターで
柳下大(写真右)は1988年生まれ、神奈川県出身。前山剛久(左)は1991年生まれ、大阪府出身。写真は10月、兵庫県立芸術文化センターで

 イケメン俳優集団D-BOYSの演劇ユニット「Dステ」が、シェイクスピアの傑作喜劇「お気に召すまま」を、青木豪が演出する抱腹絶倒の本格コメディーに仕立て、19日(土)・20日(日)、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール(阪急西宮北口)で上演する。

 「ヴェニスの証人」「十二夜」に続き、シェイクスピア没後400年の今年、満を持して登場。都会を抜け出し、森にやって来た訳ありの男と女が、軽妙酒脱な恋模様に彩られながら、権力争いや兄弟の確執を乗り越えてたどり着く真実の愛と人間模様を描く。

 珠玉の喜劇を出演するのは12人の男たち。柳下大、前山剛久ら「Dステ」キャストに、松尾貴史、石田圭佑ら名優が加わる。

 長兄から過酷な扱いを受けて森に逃げ込むオーランドーを演じる柳下は、舞台「オーファンズ」「浮標(ぶい)」の好演などで人気急上昇。「シェイクスピアはマジメな印象ですが、素敵なセリフが多く、晴れやかな気持ちにしてくれる作品。成長したところを見せたい」と意欲を見せる。前山は男装して森に身を隠す元公爵令嬢ロザリンドの役。オーランドーへの恋心を内に秘め、「男」と「女」が交錯する演技に注目が集まる。「複雑なところに話のおもしろさがあり、ぜひやりたかった。恋ってすばらしいと感じてもらえたら」と話す。

 「観客と時間と空間を共有するのが演劇の魅力」と二人。爽快でユーモアたっぷりの舞台が胸をときめかせる。

 11月19日(土)正午、17時(アフタートークあり)。20日(日)正午。全席指定7500円。

 問い合わせは電話0798・68・0255、芸術文化センターチケットオフィスへ。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ: ,

あなたにおすすめの記事