山形交響楽団 6月に大阪公演 特産品販売やサクランボプレゼントも

 山形交響楽団(山響)が6月23日(金)19時から、「さくらんぼコンサート」をいずみホール(JR大阪城公園)で開く。

 近年は地元・山形だけでなく、東京や大阪での公演にも精力的な山響。大阪公演ではホールロビーで県のブランド米やサクランボなど特産品を販売し、来場者にもサクランボをプレゼントする。

飯森範親
(C)Ryo Kawasaki

木嶋真優
(C)Keiichi Suto

 指揮は楽団音楽監督の飯森範親。2007年から8年半かけてモーツァルトの交響曲全曲演奏に挑んだ飯森&山響が、モーツァルト三大交響曲の一つ、交響曲第40番を披露する。ナチュラルブラス(金管楽器の古楽器レプリカ)で再現するという作曲当時の音色も必聴だ。神戸出身の木嶋真優をソリストに迎え、ベートーベンのバイオリン協奏曲も演奏する。

 開演19時。S席5千円、A席4千円、B席3千円。問い合わせは℡0570・00・8255、KCMチケットサービス(平日10~18時、土曜15時まで、日祝休み)。

昨年の大阪公演での特産品販売の様子



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ:

あなたにおすすめの記事