劇団四季ミュージカル「キャッツ」 大阪公演は来年5月千秋楽へ タイガース優勝も招くか!?

 大阪・西梅田の大阪四季劇場でロングラン中のミュージカル「キャッツ」大阪公演が、来年5月6日(日)に千秋楽を迎えることが決まった。劇団四季が5月25日発表した。昨年7月に開幕した大阪公演は、25日までに28万人を動員、千秋楽まで通算すると上演期間は1年10カ月、総公演回数は612回を数えることになる。

 本編終了後に舞台挨拶に立ったマンカストラップ役の加藤迪(かとう・すすむ)さんは、「最後まで、一人でも多くのお客様に作品の感動をお届けできるよう、精一杯務めてまいります。引き続き、ご声援を賜りますようよろしくお願いいたします」と話した。

千秋楽決定を知らせる「キャッツ」大阪公演の出演者たち(劇団四季提供)

 ミュージカル「キャッツ」は、公演地のプロ野球球団に優勝をもたらすとの“招き猫”伝説があり、大阪で初演した1985年には阪神タイガースが日本一に輝いた。今シーズン、現在セ・リーグ首位を走るタイガースがファンに吉報を届けることができるか注目だ。

 大阪公演は今年12月30日(土)公演分まで発売中。予約・問い合わせはSHIKI ON-LINE TICKET(http://489444.com)、または劇団四季予約センター、0120-489444(10~18時)。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ:

あなたにおすすめの記事