【大盛況で終了】6月24・25日に京都で「越前屋俵太を観る会」

【当日の模様は下記のサイトからチェックできます】

facebook  越前屋俵太crowd35 https://www.facebook.com/CROWD35/

 

 かつて朝日放送の人気番組「探偵ナイトスクープ」で、琵琶湖から大阪湾に向かってひたすらカヌーを漕いだり、大阪市のポイ捨て防止CMでカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル【公共広告部門】で金賞を受賞したり、「なんやおもろいタレントさんやな~」と思っていたけど、そういえばあの人、しばらく見ない……。

(KADOKAWA刊、定価1,296円)

 そんなあの人、越前屋俵太さんが4月に、初めての著書「想定外を楽しむ方法」を出版。その著書の出版とデビュー35周年を記念して、本人公認の非公式イベント「越前屋俵太を観る会」が6月24日(土)と25日(日)に、京都市下京区の五條會館で行われる。

 

 俵太さん(本名・谷雅徳)は1961年京都市生まれ。関西大学社会学部在学中から番組制作に携わってきたが、テレビから姿を消して早15年にもなる。本人いわく「その間、山籠もり生活をしていた」そうだが、途中、俵越山の名で“書動家”として活動したり、大学の教壇に立ったり……。そして今年になってからは、越前屋俵太としての活動がやや増えてきたように見受けられるのだが……。

 一体どないなっとんねん!? という人は、「越前屋俵太を観る会」で本人の口から語られる話を、ぜひ聞いてほしい。トークライブの司会は豊中市出身のマルチエンターテイナー古川真穂がパワフルに務める。

案内状のチラシ

 両日とも14時開場、トークライブは15時スタート(17時終了予定)。会場では特別展示「山に籠る前に、もういらんやろ!と思ってほかしかけていたモノ」展も同時開催する。

 会場の五條會館は100年以上前に建てられた木造3階建ての歴史的建造物。主催の越前屋俵太CROWD35実行委員会は「普段は絶対に入れない貴重な建物で行うため、当日参加者はスリッパを持参してください。床のささくれで足を傷つける可能性があります」と呼び掛けている。

 

 当日は俵太さんの著書がパスポートになるため、チケット料金は2種類。本を持っていない人は3,000円(本代込み)。本を持っている人は1,500円。いずれも日本酒「想定外」(佐々木酒造)と俵越山ポストカードが付く。

 定員は各日150人。チケットの予約は下記サイトから(いずれも残りわずか)。

https://tiget.net/events?utf8=%E2%9C%93&q%5Bwords%5D=%E8%B6%8A%E5%89%8D%E5%B1%8B%E4%BF%B5%E5%A4%AA

 

 

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ: ,

あなたにおすすめの記事