海宝直人 「レ・ミゼラブル」に全力 二度目のマリウスに「新たな色を加えたい」 

 今年、日本初演30周年を迎えたミュージカル界不朽の名作「レ・ミゼラブル」が、9月2日(土)~15日(金)、大阪・中之島のフェスティバルホールで上演される。マリウス役を演じる俳優・海宝(かいほう)直人が会見を開いた。

「いつか(物語の中心)ジャン・バルジャンを演じてみたい」と願う=6月、大阪市内で。

 ジャン・バルジャンの養女コゼットと恋に落ちつつも、19世紀初頭のフランスを取り巻く動乱の渦に身を投じる若者を、トリプルキャストの一人として演じる。「出会い、恋、別れ。人生で今までなかった経験をものすごい濃度で味わい、成長する。人間的な魅力にあふれています」と役どころを語る。2年前にオーディションでこの役を射止め、2度目の出演を果たす。「今回は演出家から”情熱的なマリウス”を求められました。鮮やかな感情表現で、新しい色を加えたいです」

 長年愛される「レ・ミゼラブル」は、小学生からミュージカルの舞台に立ってきた海宝にとっても憧れの作品だった。「人間の本質がそれぞれの役に投影され、10代で見た時と、それから10年経って見た時では共感するキャラも違うはず。何よりも色あせない音楽のすばらしさ。普遍的な魅力の詰まった作品です」
 S席1万4千円、A席9千円ほか。問い合わせは06・6377・3800、梅田芸術劇場(10~18時)へ。http://www.umegei.com/lesmiserables2017/index.html




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事