ピアニスト「mayo」の世界へようこそ  岡本真夜10月大阪でコンサート

「大阪はアットホームで好き」と語ってくれたmayo=大阪市内で

「日頃の疲れがふっと和らぐ演奏を届けたいです」

  「TOMORROW」などのヒット曲で知られるシンガーソングライターの岡本真夜が、昨年3月、アルバム「always love you」でピアニストデビュー。

 名前も「mayo」として全国7カ所を巡る「~mayo Piano Concert Tour 2017~」の大阪公演を、10月8日(土)13時と16時から、サロン・ドゥ・アヴェンヌ(北新地)で開く。
 

 「幼いころの夢はピアニストだったのですが、DREAMS COME TRUEに影響を受けて歌手を目指しました。でもピアノへの思いが7年ほど前から再燃し、本格的に曲作りを始めたんです」と岡本。どの曲も記憶に残るメロディーラインと切なく優しい音色が印象的で、「私にとってピアノは、いつもそばにいてくれて、さみしい時には話を聞いてくれる友達のような存在。mayoの曲作りでは、より心の奥深い部分まで入り込んでいるかもしれませんね」と話す。

 

ツアーには伊藤ハルトシ(チェロ、ギター)が帯同。アップテンポからしっとりとしたバラードまでを聴かせる。
 

全席自由6千円、未就学児入場不可。

問い合わせ・申し込みは℡0570・222・2888、キョードーインフォメーションへ。 

http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E019053-1.html




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事