【ステージトーク】8月に「エトワール・ガラ2016」に出演するバンジャマン・ペッシュ

誇りを胸に 新たな舞台へ  

 世界最古の歴史を誇るパリ・オペラ座バレエ団で最高位に君臨するダンサー「エトワール」の1人、

バンジャマン・ペッシュが8月、フェスティバルホールに登場する。

バンジャマン・ペッシュ
バンジャマン・ペッシュ

 古典から個性的な役柄まで高評価を欲しいままにしてきたぺッシュ。今年2月、オペラ座を惜しまれ

つつ引退したが、「バレエを職業にするのは難しく、情熱と愛を持っていても失望することもある。ただ、

たくさんの幸せな瞬間があり、喜びも感じられる。24年間も続けられたのは誇りです」と振り返る。

 「エトワール・ガラ」は注目のエトワールらを集め、魅力を味わい尽くす夢の公演。初回の4年前から、

アーティスティック・オーガナイザーとして携わり、今年はクラシックからコンテンポラリーまで、バレエの

歴史に光を当てる。パリの観客が引退公演で涙した「『ル・パルク』より”解放のパ・ド・ドゥ」は大阪でも

本人が魂を込めて舞う。「エトワール・ガラは、僕が舞台芸術に興味を持つきっかけになった公演で思い入れは

強いです」と話す。

 今後は主に芸術監督の道を歩む。「他のダンサーの影となって支えていきたい」。経験を生かし、

新たな舞台へ舵を切る。

 

プロフィール

 1992年にパリ・オペラ座バレエ団に入団。2005年9月にオペラ座上海公演で「アルルの女」「ジゼル」

上演後、エトワールに任命される。2016年2月、パリ・オペラ座でアデュー(引退)公演を行った。

 

【公演情報】

8月11日(木・祝)15時、フェスティバルホール(地下鉄肥後橋)

▼全席指定S席14,000円、A席11,000円、B席8,000円、C席6,000円ほか、5歳以上入場可

▼問い合わせは℡06-6231-2221、フェスティバルホール  チケットセンター




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ステージトーク

あなたにおすすめの記事