「花形狂言2017 忠臣蔵外伝」7月に兵庫県立芸術文化センター
京都の新世代 真夏の兵庫に討ち入り!?

 狂言大蔵流・茂山千五郎家の若手メンバー5人よるユニット「HANAGATA」が「花形狂言2017 HANAGATA 忠臣蔵外伝」を7月22日(土)、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール(阪急西宮北口)で上演する。

 現メンバーは茂山千五郎、宗彦、茂、逸平、童司の5人。古典的手法に現代的な話し言葉や笑いを取り入れた新作に挑み、確かな演技力と柔軟で自由な芸風に定評がある。

「着ぐるみが出るかはお楽しみ・・・」と話す茂山千五郎(中央)と、茂山童司、茂山宗彦、茂山茂、茂山逸平

 今回は気鋭の劇作家・ごまのはえが書き下ろした新作。赤穂浪士討ち入りの裏に隠された熱い男たちの少し悲しい物語をユーモアを交えて描く。「芸文センターで昨年、5人でシェークスピアをやったので、今回は“ご当地”兵庫の忠臣蔵を狂言テイストで」と逸平。茂も「ストーリーは細かく知らない人も多い。皆さんに認識してもらえるように頑張りたい」と続ける。「繊細に作っている台本。演じるには大変だけど、おもしろそう」と童司。宗彦は「4人に尽くす僕の忠義と、殺陣(たて)を見ていただきたいですね」と期待を寄せる。

 昨年十四世を襲名しつつ、“花形”を続ける千五郎は「ごまのはえさんによって、自分でも知らないキャラクターを引き出していただけるのが楽しみ」と話す。公演を重ね、5人が「僕たちのホーム」と呼ぶ芸文の舞台が今夏も大きくはじけそうだ。

【公演情報】7月22日(土)12時・15時30分。A3,000円、B2,000円。

http://www1.gcenter-hyogo.jp/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ステージトーク タグ: ,

あなたにおすすめの記事