神戸・三宮に「青森ねぶた小屋」 特産メニューそろう大衆酒場 22日(木)オープン

 青森県の特産品に加え、価格帯を抑えたメニューがそろう大衆酒場「青森ねぶた小屋」が11月22日(水)、神戸・三宮にオープンする。

内装のイメージ

 三宮を中心に地域活性化型飲食店を23店舗展開する株式会社ワールド・ワン(神戸市中央区)が運営する。同社は今年4月、青森の県産品と観光の情報発信を進め、青森と関西の地域活性化も目的に、青森県と連携協定を締結。同月に開店した店舗「青森ねぶたワールド」の姉妹店で、内装は青森で毎年夏に開かれる「ねぶた祭」の際、ねぶたを製作する「ねぶた小屋」をイメージ。地域住民の集会所をコンセプトに、ねぶた師の竹浪比呂央氏が監修し、青森県内の18の酒蔵の地酒を取りそろえるほか、「八戸せんべい汁」「筋子の細巻き」など、関西では珍しい品々を用意する。

八戸せんべい汁

 青森県ではヤマト運輸とともに、スピード輸送と保冷一貫輸送に取り組んでおり、連携協定を結ぶ飲食店では、こうした取り組みを活用し、ホタテや魚介類などが新鮮な状態で楽しめるという。特産品販売などのコーナーも設け、観光情報の発信機能も持たせる。

 ランチ営業では、青森県の代表格とも言えるブランド米「まっしぐら」をお櫃(ひつ)で提供。メイン料理のほかに、ご飯と相性の良い青森の小鉢2品が選べる。

 平日は11時30分~14時(ラストオーダー)、16時30分~24時(ラストオーダー23時30分)。土日祝は11時30分~23時(ラストオーダー11時30分)。※ランチは11月24日から営業。℡078・221・8880。兵庫県神戸市中央区旭通5-322

筋子の細巻き

あなたにおすすめの記事