関西初出店!江戸前立喰い寿司「魚がし日本一」中之島にオープン

カウンターには新鮮なネタが常時20種類以上並ぶ
カウンターには新鮮なネタが
常時20種類以上並ぶ

 大阪・中之島の商業ゾーン、フェスティバルプラザに江戸前立喰い寿司「魚がし日本一」が、3月30日(水)オープンした。同店を運営する㈱にっぱんは東京都内を中心にSTANDING SUSHI BARを22店舗展開しており、立ち食い寿司チェーンではシェア№1。今回が関西初出店となる。

 「魚がし日本一」は、板前がオーダーを受けてから目の前で握るスタイル。好きなネタを好きなだけ、握りたての寿司を気軽に食べてほしいという思いのもと、市場から直接仕入れた新鮮なネタと、国内産のお米にこだわり、良質な食材をリーズナブルな価格(1貫75円~※2貫ずつ)で提供している。関西ではあまり馴染みのない立ち食い寿司だが、忙しいビジネスマンやOLが、短時間でも美味しい物を食べられる、魅力的なスタイル。ランチタイムを逃した人にも来てもらおうと午後も休憩なしで営業する。「東京で培った江戸前立ち食い寿司の文化、スタイルを食い倒れのまち大阪でも親しんでいただきたい。忙しくてゆっくり時間が取れない時でも、美味しい寿司をつまんでプチ贅沢を味わってほしい。」と村田社長。

 中之島フェスティバルプラザ店の店内はカウンターのみで定員は15名。熟練の板前たちの威勢のいい声で活気づいており、新鮮なネタを常時20種類以上取り揃えている。明るく清潔感のある店内で女性も入りやすい雰囲気。寿司をつまみながら、カウンター越しに板前とのコミュニケーションも楽しんでみては。

 

■テイクアウトメニューやセットメニューもあり。

■アクセス:中之島フェスティバルタワー地下1階(大阪市北区中之島2-3-18)

■営業時間:11時~23時 ※施設運営時間に併せて営業

(ランチタイム11時~15時、ディナータイム15時~23時)




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ タグ: , ,

関連記事