NY発のバーガーレストラン「Shake Shack」 6月1日(金) 新装・阪神梅田本店にオープン

 米国・ニューヨーク生まれのハンバーガーレストラン「Shake Shack(シェイク シャック)」の関西1号店が6月1日(金)、建て替え第一期棟が開業する阪神梅田本店にオープンする。

阪神梅田本店にオープンする店舗の外観(パース)

 シェイク シャックはホルモン剤を使わないアンガスビーフ100%のハンバーガー、ホットドック、フローズンカスタード、フレンチフライのほか、オリジナルのビールやワインなどを提供。2001年にニューヨークにある公園の再生イベントで慈善活動として小さなホットドッグの屋台を出したことから始まる。以降の3シーズンにわたり、夏季限定で出店したところ、連日行列ができるほど人気を呼び、公園再生に対する功績が認められ、2004年に1号店となる常設店を公園内に開設した。

 現在、米国内のほか、ロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、カンナムなど海外にも展開。日本では2015年に東京・外苑に1号店を開き、都内や横浜などに店舗を広げている。

 「モダンなバーガースタンド」をコンセプトに、新鮮でシンプル、手ごろな価格のメニューを用意。梅田阪神店は御堂筋に向かって大きな窓と開口部を持ち、窓越しに広がる新しい世界に飛び出していくような明るく挑戦的なイメージでデザインされるという。

 また、オープンに合わせ、大阪限定Tシャツや、店舗限定のオリジナルアイスなど大阪を表現した商品も登場する。

アルコール類やバーガー、フライ



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ

あなたにおすすめの記事