アンリ・シャルパンティエの新作クリスマスケーキ 今年はフランス・アルザス地方をイメージ 

 株式会社シュゼット(本社:兵庫県西宮市)が展開する洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」は、今年のクリスマスケーキのテーマをフランス・アルザス地方の“マッシュ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)”とし、新作「エタンセル・ノエル」をはじめ、各種クリスマスホールケーキの予約受け付けを11月1日(火)から始める。

 クリスマスツリーの発祥地で、“クリスマスの首都”とも呼ばれるアルザス地方の都市・ストラスブールでは、1570年から続き、世界一長い歴史を持つとされるクリスマスマーケットが開かれる。今年はそのマーケットをテーマにしたケーキを用意する。

エタンセル・ノエル
エタンセル・ノエル
フォレ・ルージュ
フォレ・ルージュ

 新作「エタンセル・ノエル」(12cm 3,780円など)は、チョコレートのムースのほか、ガナッシュ、ビジュキュイ、クランブルなどすべてをチョコレート味に仕上げ、それぞれが異なる食感でチョコレートの味わいを楽しめる。エタンセルはフランス語で“きらめき”を意味し、つややかなグラサージュときらめく金粉で、クリスマスの星空をイメージした上品で濃厚なケーキとなっている。

 小さなケーキにもクリスマスツリーを飾るオーナメントをイメージしたデザインの新作3点を用意。また、アンリ・シャルパンティエで人気の「ザ・ショートケーキ」をクリスマス仕様にした「フォレ・ルージュ」(24.5cm 10,800円)も登場する。“赤い森”というネーミング通り、大粒のイチゴを贅沢に敷き詰め、ケーキの中にもふんだんに使用。パーティーの食卓を華やかに彩る。

 また、創業当時から40年以上にわたり愛され続けるクリスマスケーキ「フォレ・ブランシュ」(15cm 3,780円)は、クリームのみでデコレーションし、上質なクリームと甘酸っぱいダークチェリーのマリアージュで、上品な味わいが堪能できる。

 ホールケーキは11月1日(火)から店頭予約または電話予約で販売開始。一部商品は店頭販売あり。

 小物ケーキは12月1日(木)~25日(日)に店頭で販売する。

 問い合わせは℡0120・917・215(9~17時)。 http://www.henri-charpentier.com/

フォレ・ブランシュ

フォレ・ブランシュ

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ タグ:

あなたにおすすめの記事