ジューシーなスプリングラムチョップや赤身肉 大阪・福島に「Akami Modern Chop House」 東京の人気店がプロデュース 

 東京・広尾で人気のステーキハウス「RUSEAKS(ラクテイクス)」の姉妹店「Akami Modern Chop House(アカミモダンチョップハウス)」が2月1日、大阪市福島区の「ほたるまち」にオープンした。

 ヘルシー志向の高まりを受けて、ここ数年、従来の霜降り肉を中心とした消費者の嗜好が変化し、赤身肉に注目が集まる中、同店も牛肉本来のうまさを味わってほしいと、店名も「Akami」にした。

スプリングラムチョップ

 イチオシはニュージランド産のスプリングラムチョップ(1ピース650円)。骨付きフルラックを備長炭で豪快かつ丁寧に焼き上げ提供される。臭みがなく、ジューシー。食を進めるたびに濃厚なうまみがジュワッと広がる。それでいて脂肪分が少なく、1ピースでもかなりの食べ応えがありながら、追加が欲しくなる。

牧草牛のテンダーロイン

 同じくニュージーランドの豊かな自然環境の中で育つ牧草牛のテンダーロイン(250グラム・3900円)は、とても柔らかく、食通をうならせてきた奥深い味わいに納得。アメリカからは世界三大品種の一つとされる「アンガスビーフ」が充実し、Tボーンステーキの中でも全体の3割以上をヒレが占めるという高級部位のポーターハウス(1万3800円)もぜひ試したい。

 フレッシュオイスターやボイルシュリンプ、トスサラダなどアペタイザーやサイドも多彩で、ランチタイムには「チキン パクチーソース」に本日のスープまたはサラダ、パン・コーヒーが付いて1500円など、気軽なメニューも用意されている。プラス200円で、テンダーロインのサンドイッチに変更も可能。

トスサラダ

 48席ある店内はシックで落ち着いた雰囲気で、プライベートやビジネスのどちらにもぴったり。山口圭支配人は「予約が取りにくいと人気のお店の姉妹店として、大阪の皆様にも本格的な肉のおいしさをお届けしていきたい」と話している。

 ランチは11時30分~15時(ラストオーダー14時)、ディナーは17時30分~23時(同21時30分)。年中無休。 

 問い合わせは℡06・4256・8029、またはWEBサイトへ。 http://aka-mi.com/

 

お店の外観
シックで落ち着いた店内

あなたにおすすめの記事