業界最大規模にリニューアル!? ホテルグランヴィア大阪 「100種類の朝食」を7月スタート

 JR大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪は7月1日(土)から朝食をリニューアルし、約100種類のメニューが楽しめる和洋バイキングを提供する。

100種類がそろう新朝食メニュー

 新たに提供する朝食は、ホテルのメインダイニングであるフレンチレストラン「フルーヴ」と日本料理「浮橋」の両方の味が楽しめる朝食をコンセプトに据え、従来の75種類から大幅にメニューを拡大。フレンチシェフが手がける「フレンチデリコーナー」では、「鴨とキノコ レンズ豆のバルサミコソース」など、手間ひまかけた彩り豊かな洋惣菜を用意するのほか、ホテルシェフが10種の和洋具材を好みに合わせて仕上げる「オーダーオムレツ」も始める。和食コーナでは、胡麻醤油で漬け込んだ「鯛と特製だしのお茶漬け」や五目御飯、蜆(しじみ)時雨煮や蕗(ふき)海苔など、“ご飯のお供”が充実する。

 また、スイーツも強化。独特の食感や味わいを楽しめる特製「ザ・フレンチトースト」や、天日乾燥した藻塩を使った「自家製プリン」など朝食専用のメニューが楽しめる。什器や利用者の導線も改善し、前菜・スープ、メイン料理、デザート、コーヒーがそろった、フルコースのメニューが味わえるような朝食をめざす。

19階の朝食会場

 同ホテルによると、全国的にホテルの開業ラッシュが続く中、近年、宿泊先を選ぶ際に価格や立地に次いで、「朝食の質・量」を重視する傾向が強まっているという。また、宿泊者だけでなく、朝食を求めてホテルを訪れる人も増えていると言い、各社が独自性やクオリティーを競い合っている状況だ。

 ホテルグランヴィア大阪は「100種類は業界最大規模の自信があります。和洋メインダイニング2店の味わいを楽しんでいただきたい」としている。

 新朝食メニューは7月1日(土)から19階フレンチレストラン「フルーヴ」で。7時~9時30分。大人2,700円、4~12歳1,400円(税サ込み)。宿泊予約と同時申し込みの場合は1,900円で利用できる。電話06・6347・1437(直通)。

https://www.granvia-osaka.jp/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ

あなたにおすすめの記事