話題作に食欲もアップ? 「バベルの塔」展を記念 「バベル盛り」メニューが続々

 大阪・中之島の国立国際博物館で「ブリューゲル『バベルの塔』展」が7月18日から始まったのに合わせ、美術館周辺にある飲食店に「バベル盛りメニュー」が登場している。

 展覧会の目玉でもあるブリューゲル1世による「バベルの塔」をイメージしたメニューを協賛店舗が開発した。

「聳え立つバベル盛りローストビーフカレー丼」
 

 福島のABCテレビ隣りに6月オープンした「THE STRIPE CAFE by TORABAN」には、ローストビーフを小高い山のように重ねた「聳え立つバベル盛りローストビーフカレー丼」(1590円)のほか、「タワーオブ串カツ盛り」(1090円)、「神の怒り・崩されたバベルの冷製サラダ」(1390円)、「神への挑戦 バベルアイス」(990円)がお目見えした。

「バベル炒飯」

 ダイビル本館2階にある「BOOCHIC(ブーチック)」では「バベルロッシーニ」(6000円)、中之島ダイビル3階「四川料理 御馥(イーフー)」では「バベル炒飯」(1404円)、同2階「地酒居酒屋 常あん」では「バベルから鍋ル? 酒粕亥人鍋」(2人前・2800円)を用意している。

 また、4月にオープンした中之島フェスティバルタワー・ウエスト3階の「サン・マルシェ」では「バベルの塔天丼」(600円)が7月28日(金)のランチタイム限定で楽しめる。

 各店ごとに内容は異なるが、観覧券の提示で食事代金が割引きになる特典もあり、各ビルの他店舗やリーガロイヤルホテル、国際美術館内の中之島ミューズでも協賛した割引き企画や協賛メニューなどが展開されている。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ タグ:

あなたにおすすめの記事