和食と米国ビーフ&ポークが融合 太閤園 築100年の邸宅で創作会席

 太閤園(JR大阪城北詰)は築100年以上を誇る格式高い「料亭 淀川邸」で、アメリカン・ビーフとポークを使った創作会席「悠-YUU-」を10月31日(火)まで昼限定で提供している。

 米国食肉輸出連合会と提携し、米国産の肉と日本料理の相性の良さを広く伝えようと調理長が創作会席を考案。噛むほどに深い味わいがある赤身肉は蒸し焼きとしゃぶしゃぶで楽しめるほか、ジューシーな豚肉はジャャガイモの餡で甘さを引き立てた角煮で味わえる。リブロースの塩釜焼きも追加で注文できる。淀川邸は藤田傳三郎氏が次男のために築造。明治の建物と庭を体感できる貴重な機会ともなっている。

 1人1万3千円(税サ込み)。前日までに要予約。℡06・6356・1110、予約係へ。

アメリカン・ビーフと日本料理が融合した前菜

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ

あなたにおすすめの記事