【つながるキッチン】石川県輪島市 サワラの塩麹とハチミツワイン焼き

老舗しょうゆ屋の若夫婦が作る新しい麹文化

 かわいい名前の塩麹を発見しました。製造しているのは、100年以上続く「谷川醸造」の4代目、谷川貴昭さん。若い人にも麹や発酵食品を身近に感じてもらおうと、思わず手に取ってしまう商品名にしました。

 商品開発のきっかけは谷川さんの妻、千穂さんが料理教室で塩麹を知ったこと。「当時は料理が苦手でしたが、塩麹を使うと簡単においしい料理が作れたので、もっとたくさんの人に広めたいと思ったんです」と千穂さん。また、当時、谷川さん夫婦の子どもが小さく、食生活に気を使っていたので、健康に役立つものをと考えました。そのため、加熱処理をせずに製造しているので、酵素を生きたまま取り入れられます。その後も谷川さん夫婦は積極的に商品開発を行うほか、イベント「のと発酵マルシェ」や蔵でのコンサートを開催し、能登の発酵産業を盛り上げています。

 塩の代わりに使うとうまみとコクが出るうえに、肉や魚の臭みも取ってくれる便利な調味料。今回の料理のようにハチミツと一緒に使うと、まろやかな甘さが感じられます。

 

サワラの塩麹とハチミツワイン焼き

塩こうじくん

【材料(2人分)】

塩こうじくん・ハチミツ各大さじ2、白ワイン大さじ1、サワラの切り身2切れ、片栗粉少々、サラダ油適量、イタリアンパセリ適量

【作り方】

1.塩こうじくんとハチミツ、白ワインをボウルに入れ混ぜ、サワラの切り身を入れ30分以上漬け込む。

2.サワラを取り出し表面を軽くふき、片栗粉をまぶす。

3.熱したフライパンにサラダ油をひき、2を中火で皮目から焼く。

4.軽く焼き目がついたら裏返し、ふたをして蒸し焼きにする。

5.皿に盛り、イタリアンパセリを飾れば完成。

監修:松田 朗さん  Pizza Pasta & Wine アリオリオ(阪急岡本)店主


■ 製造・販売:谷川醸造株式会社 ℡0768・22・0501

■ 価格:1個(200㌘) 540円(要別途送料)       

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: つながるキッチン タグ:

あなたにおすすめの記事