親子で作る季節の簡単料理レシピ「節分に「恵方巻」を手づくりしよう」

 2月3日は節分。太巻きを、その年の福徳をつかさどる神「歳徳神(としとくじん)」がいるとされる恵方(今年は南南東)に向かって無言で“縁を切らないように”丸かぶりすると運気が逃げないとか。発祥地は大阪のほか諸説あります。今年は手づくりしてみませんか。

 

材料(4人分・4本分)
・すし飯 米3合、合わせ酢
(酢60ml・砂糖大さじ4・塩小さじ2弱)
・のり 4枚
・卵焼き 卵4個、砂糖大さじ1、
塩小さじ1/2、サラダ油適宜
・高野豆腐  高野豆腐1個、煮汁(だし300ml、砂糖大さじ2、薄口しょうゆ大さじ1)
・シイタケの煮物 干しシイタケ2枚、戻し汁200ml、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1
・キュウリ  1/2本
・カニ風味かまぼこ 4本

 

~作り方~

  1. 少し硬めに炊いたご飯を飯切りに移し、合わせ酢を加えて混ぜる。人肌に冷ましぬれ布巾をかける。
  2. 卵焼きを作り、棒状に切る。戻した高野豆腐は水気を絞り、沸かした煮汁で15分ほど含め煮し、冷まして棒状に切る。
  3. 戻した干しシイタケは石づきを取り、戻し汁と砂糖で10分ほど煮る。しょうゆとみりんを加えさらに煮て冷まし、薄切りにする。
  4. キュウリは縦半分に切り、それぞれ縦に4等分する。カニ風味かまぼこは縦半分に裂く。
  5. ①〜④を4等分する。のり(1枚)は光沢のある面を下にして、巻きすの手前端に合わせて縦長に置く。奥に3cmを残してすし飯を広げ、中央に具をのせ、巻きすで巻く。残り3本も同様に巻く。

恵方巻き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監修 鎌岡こころ
(兵庫栄養調理製菓専門学校 調理師科講師)




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 親子で作る 日本のこよみ料理

あなたにおすすめの記事