親子で作る季節の簡単料理レシピ 夏の入り口「半夏生」 蛸飯

 季節の移ろいを表す七十二候の中で、夏至から11日目は「半夏生」。
関西ではタコを食べる風習があり、田植えが終わり、「タコの足のように稲がしっかり根付くように」との願いを込めたと言われています。明石のタコが軟らかくておいしい旬を迎えるのもこれから。手軽な湯ダコで作ってみましょう。

材料(4人分)
・米 2カップ
・水 400ml
・昆布 3センチ角1枚
・タコ 200g
・こんにゃく 1/3丁
・土ショウガ 10g
・青ネギ 1/2本

 

調味料 A
・酒 大さじ2
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ1

 

~作り方~

  1. 米をとぎ、たっぷりの水(分量外)に30分以上つけておく。
  2. こんにゃく、土ショウガは細かく切り、タコは1cmのぶつ切りにする。
  3. 炊飯器に水気を切った米と②、水、調味料A、昆布を入れて炊く。
  4. 炊き上がったら、茶わんによそい、仕上げに小口切りにした青ネギをふりかける。

蛸飯

 

 

 

 

 

 

 

監修 西垣 公昭
(兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科准教授)

あなたにおすすめの記事