親子で作る季節の簡単料理レシピ「星で飾る 七夕そうめん」

 織姫、彦星が年に一度だけ天の川を渡って会える日「七夕」。
そうめんを食べる習わしがあるのは、そうめんが機織(はたお)りの糸のようだから。中国でこの日に供えるお菓子「索餅(さくべい)」がそうめんの語源だからなどの諸説もあります。そうめんを七夕らしい星形の具で飾ってみては。手づくりのめんつゆにも挑戦して!

材料(4人分)
・そうめん 8束(400g)
・具材7種類 オクラ、ニンジン、キュウリ、薄焼きたまごなど
・薬味 ネギ、ショウガ、ゴマなど
・かつお節 5g
・だし汁 250ml(だしパックやだしのもとでも可)

 

かえし A
・しょうゆ 50ml
・みりん 50ml
・砂糖 小さじ2
・酒 小さじ2

 

~作り方~

  1. めんつゆの「かえし」Aとかつお節を鍋に入れ、ごく弱火で10〜15分煮て火を止める。
  2. 具材のニンジンとオクラを軽くゆでる。具材は星形で抜くか、細切りや短冊切りなどで食べやすい大きさにしておく。
  3. そうめんは1束ずつ端を糸で縛ってゆでる。
  4. 水にさらしたそうめんの縛った部分を切り落とし、天の川のように盛り付けて、具材をのせる。
  5. 冷めた「かえし」はかつお節を搾り、こしてからだし汁と合わせて「めんつゆ」にし、四つに分け、薬味を添える。

七夕そうめん

 

 

 

 

 

 

 

監修 山田 善得
(兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科講師)

あなたにおすすめの記事