親子で作る季節の簡単料理レシピ「実りの秋に感謝して 栗ご飯」

 古くから一桁の奇数が重なる1月7日(この日のみ例外)、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日は「五節句」とされ、季節の植物でも象徴されました。9月の「重陽の節句」は「菊」。宮中ではその薬効にちなみ、無病息災、邪気払いなどを願いましたが、庶民は実りの秋に感謝して「栗の節句」などと呼んでいたようです。

 

材料(4~5人分)
・生栗 15粒程度
・米 300ml
・もち米 60ml

※米ともち米の割合は多少の増減可。もち米が多いと、粘りのあるおこわ風に。

・酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・塩 小さじ1
・昆布 約10cm角
・ごま塩 適宜

 

~作り方~

  1. 鍋に生栗と水をつかるくらい入れて、水から強火で2〜3分加熱してそのまま冷まし、粗熱がとれたら包丁で鬼皮と渋皮をむく。
  2. 米と、もち米をとぎ、水気を切る。
  3. ②を炊飯器に入れ、酒、みりん、塩を加え、2合の目盛りより少し下まで水を入れ、栗と昆布を入れて炊く。
  4. 炊きあがったら蒸らして、お茶わんに盛り、ごま塩をふる。

 

栗ご飯

 

 

 

 

 

 

監修 安見 博志
(兵庫栄養調理製菓専門学校 調理師科准教授)

あなたにおすすめの記事