旬の食材を使った簡単料理レシピ
「スナップエンドウとイカのミルク炒め」

旬を食べる体を作る

旬の食材:スナップエンドウ さやごと食べて、見目麗しく

 気温が15〜20度になると生育する「エンドウマメ」は春から初夏にかけてが旬。漢字で書くと「豌豆」。「豌」は「美人の眉」を意味するとか。“見目麗しく”を想像させる豆です。しみを予防して美肌をつくるビタミンC、皮膚や髪の毛を健康に保つビタミンA、むくみ解消を助けスッキリ見せるカリウムが豊富などという科学的分析がなかった頃に名付けたのは、先人の知恵だったのでしょうか。
 この豆をさやごと食べようと改良された「スナップエンドウ」は、豆類から緑黄色野菜へ仲間入りするほど栄養面でパワーアップ。食物繊維も加わり、便秘予防の効果も期待できそう。油と一緒に食べると脂溶性ビタミンが効率よく吸収されるので、炒め物はもちろん、マヨラーにもお勧めです。

 

 

レシピ
~スナップエンドウとイカのミルク炒め~

スナップエンドウとイカのミルク炒め

【材料】4人分
モンゴウイカ
(冷凍の切り身でも可)
100g
スナップエンドウ 12個
生シイタケ 2枚
ロースハム 2枚
【A】イカの下味
大さじ1/2
3本指ひとつまみ
こしょう 少々
かたくり粉 大さじ1/2
少々
【B】合わせ調味料
3本指ひとつまみ
大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
エバミルク 大さじ1 1/2
水溶きかたくり粉 大さじ1/2
スープ 大さじ1
  • 【作り方】
  • ①イカは内側に格子状の包丁目を深く入れてひと口大に切る。水洗いしてぬめりを取り、水気を切ってAで下味を付けておく。
  • ②沸騰した湯に塩と油少々を入れ、①をサッとゆでる。
  • ③スナップエンドウは筋を取り、沸騰した湯に塩と油少々を入れ、1分程度ゆでる。
  • ④生シイタケ、ロースハムは4つ切りにする。
  • ⑤中華鍋で油を温めて③④を炒め、イカとBを加えて手早く炒める。

 

監修 深澤 譲 兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科教授

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 旬を食べる体を作る タグ:

あなたにおすすめの記事