旬の食材を使った簡単料理レシピ
「ピーマンのカリカリ揚げ」

旬を食べる体を作る

旬の食材:ピーマン 1個にレモン1個分のビタミンC

 子どもが嫌いな野菜No.1に挙げられるピーマンですが、ビタミンが豊富で、中でもビタミンC含有量は1個でレモン1個分とほぼ同じ。その上、熱で壊れにくいので、加熱調理しても摂取できます。しみ予防や美肌効果が期待でき、女性にはうれしい野菜。独特のにおいの成分ピラジンはコレステロールを下げて血液をサラサラにする作用があり、中高年の生活習慣病予防にもおすすめです。緑色の成分クロロフィルには整腸作用があり、ミネラルの一種ケイ素が髪の毛や歯、つめを健康に保ちます。
 緑色のピーマンは完熟すると赤くなり、ビタミンCは2倍近くに増えます。ピラジンが減ってにおいはおさまるので、嫌いな人には、赤ピーマンをうまく取り入れるといいですね。調理は、βカロテンが効率良く吸収される油を使って。

 

 

レシピ
~ピーマンのカリカリ揚げ~

ピーマンのカリカリ揚げ

【材料】4人分
ピーマン 4個
糸切り唐辛子 少々
揚げ油 適量
小麦粉 1/2カップ
ベーキングパウダー 小さじ1/2
80ml
大さじ1
かけ味噌
赤だし味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1
  • 【作り方】
  • ①ピーマンは縦半分に切り、へたと種を取る。
  • ②かけ味噌の材料を鍋に入れ火にかけ、練っておく。
  • ③ボウルに衣の材料を入れて混ぜる。
  • ④180度に熱した揚げ油に衣を付けたピーマンを入れカリッと揚げる。
  • ⑤ ④を器に盛り、かけ味噌をかけて糸切り唐辛子を飾る。

 

監修 柏木 直樹 兵庫栄養調理製菓専門学校 調理師科教授

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 旬を食べる体を作る タグ:

あなたにおすすめの記事