旬の食材を使った簡単料理レシピ
サツマイモの「きらきら茶巾しぼり」

旬を食べる体を作る

旬の食材:サツマイモ 水分を一緒に取って、便秘解消

 秋の味覚の一つ、サツマイモ。「太る」「おなかが張る」といったイメージもありますが、カロリーはそれほど高くなく、ビタミンB₁やカリウムなどを含みます。ビタミンCも豊富で、でんぷん質に囲まれているため加熱しても壊れにくい優れものです。食物繊維が豊富で便秘解消にも役立ちます。不溶性の割合が高いので、できるだけ水分を一緒に取りましょう。美容と健康のために食卓にぜひ取り入れたい食材です。栄養豊富で甘みがあり、ペースト状にしやすいので離乳食にも最適です。
 掘りたては新聞紙などにくるみ、常温で最低でも2週間保存すると、ほどよく水分が減り、甘みが増しておいしくなります。冷蔵庫で保存すると、水分だけが抜けてしわしわになってしまうので、避けましょう。

 

 

レシピ
~きらきら茶巾しぼり~

サツマイモのきらきら茶巾しぼり

 

【材料】
サツマイモ(皮付き) 200g
砂糖 皮をむいたサツマイモの
30%分
キウイフルーツ(グリーン) 1/2個
  • 【作り方】
  • ①サツマイモは厚く皮をむき、1.5センチの輪切りにし、しばらく水にさらす。
  • ②キウイフルーツを薄くいちょう切りにしておく。
  • ③鍋にサツマイモがかぶる程度の水を入れて火にかけ、竹串がスッと通るぐらいになるまでゆでる。
  • ④熱いうちに裏ごし器(なければザル)で裏ごしする。
  • ⑤鍋に④と砂糖を入れ、弱火にかけてよく混ぜ合わせ、サツマイモが滑らかになってきたら火からおろす。
  • ⑥あら熱をとり、キウイフルーツを軽く混ぜ合わせる。
  • ⑦食べやすい大きさに分けてラップにのせ、茶巾にしぼる。

※冷蔵庫で保存し、1日以内に食べてください。

 

監修 中川尚美 兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科講師

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 旬を食べる体を作る タグ:

あなたにおすすめの記事