季節のスイーツレシピ ふわふわマシュマロ

季節を食べる3月

意外と簡単 ホワイトデーにいかが

マシュマロは元来、植物のウスベニタチアオイの根に含まれる粘液を利用して作られていました。

いまは卵白と砂糖、ゼラチンで作られ、家でも意外と簡単にふわふわした食感に仕上げることができるので、ホワイトデーに作ってみては。新鮮な半面、市販のように日持ちしないので2〜3日で食べ切りましょう。 

 

材料(約20個分)
・卵白 卵Lサイズ1個
・板ゼラチン 20g
・砂糖 90g
・水 50ml
・バニラエッセンス 適宜
・コーンスターチ、
 またはかたくり粉
適宜

 

 ~作り方~ ハートの型などで抜くとかわいらしく仕上がります。

  1. 板ゼラチンは全体がつかる量の冷水(記載外)に5〜6分浸して戻す。
  2. 鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、砂糖を溶かし、沸騰したら火を止める。
  3. ②によく絞ったゼラチンを入れて溶かし、粗熱をとる。
  4. 卵白をしっかり泡立て、   を数回に分けて加えながらさらに泡立て、バニラエッセンスを加える。
  5. 一面にコーンスターチ(かたくり粉でも可)をふったバット(12cm×18cm)に流し込んで常温で冷ます。
  6. 固まったら包丁で20個に切り分け、コーンスターチをまぶす。

マシュマロ

 

 

 

 

 

 

監修 鎌岡 こころ
兵庫栄養調理製菓専門学校
調理師科 講師




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: スイーツ歳時記 タグ: ,

あなたにおすすめの記事