「鉄道ミステリー」を歩いて謎解き  京都鉄道博物館 来年1月8日まで

 京都鉄道博物館やJR京都駅周辺を歩きながら、鉄道の歴史にまつわる謎解きを楽しむ「ナゾトキ街歩きゲーム 京都鉄道ミステリー~その博物館には優れた車両と謎がある~」が、来年1月8日(月・祝)まで開催されている。

キットを片手に謎解きを楽しむ=京都鉄道博物館で

 同博物館、京都駅ビル開発、株式会社SCRAPが共同企画。参加者は乗務かばんを模したプラスチック製のかばんと冊子がセットになった「謎解きキット」を博物館で購入。さまざまな謎が仕掛けられた館内散策を通して、物語の“真相”を解き明かしていく。人気の「リアル脱出ゲーム」のフィールド版で、博物館の貴重な展示品をたどり、大人が遊べる仕掛けになっている。

 参加料金は2700円(博物館入場料込み)。博物館内ではキット単品を2千円で購入可。

  博物館ではSLの運転台で投炭体験などができる「SLラボ」を11月26日(日)まで、企画展「遥かなる時を越えてきた生き証人 鉄道遺産を訪ねて」も1月28日(日)まで開催している。

 入場料は一般1200円、高大生千円、小中生500円、3歳以上200円。10時~17時30分。水曜休館(12月27日、1月3日は開館、12月19日、30日~1月1日は休館)。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー タグ: ,

あなたにおすすめの記事