愛犬と一緒にお泊まりどうぞ 南あわじの「ホテルアナガ」に専用客室とドッグラン

 南あわじ市のリゾートホテル「ホテルアナガ」が、愛犬と一緒に寝泊まりできる「ドギー・ヴィラ」と、愛犬を自然の中で運動させることができる「ドギー・ガーデン」を今月オープンさせた。

愛犬と一緒に過ごせる空間作り

 同ホテルは淡路島南部の阿那賀地区の小高い丘の上に位置し、鳴門海峡や大鳴門橋を臨むことができる。1987年オープンの本館には38の客室があるが、今回、「時を忘れてゆったりお過ごしいただける空間」という開業以来のコンセプトを受け継ぎ、愛犬とともに、自分の別荘のようにくつろいでもらえる場所として、新たに施設を整備した。

「ドギー・ヴイラ」のツインベッドルームタイプ
「ドギー・ヴイラ」のツインベッドルームタイプ

 客室は本館から離れたコテージとなっていて、ツインベッドルームとリビングで構成するデラックスタイプ(88㎡)を1室と、ツインベッドルーム(44㎡)を2室新設。それぞれ1室あたり定員は2人(愛犬は2匹まで)。ツインベッドルームは双方を行き来できるコネクティングタイプとしても利用できる。

 どちらの部屋も開放感があり、バルコニーからは瀬戸内海の眺めが広がる。ゆっくり沈む夕日は絵画のような美しさで格別だという。

「ドギートンネル&ヒル」

 愛犬にも非日常の時間を提供しようと、全面天然芝のドッグラン「ドギー・ガーデン」も整備。走り回れるようにテニスコート2面分にあたる約530㎡の広さを確保し、小型・中型犬でも飛び出さないように、周囲には高さ120センチの保護フェンスを設置した。「かくれんぼ」などができるトンネルや、記念撮影に適したステージなども造られている。利用は宿泊者に限定する。

 「アナガらしい贅沢なひとときを、愛犬とともにお過ごしください」と同ホテル。

 料金は1人1泊2食付き24,500円(平日)から。小型・中型犬対象。愛犬用の食事は各自持参。

 詳しくは、ホテルアナガのWEBサイトへ。

 http://www.hotelanaga.com/

「ドギー・ヴィラ」の外観
「ドギー・ヴィラ」の外観

 

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー タグ:

関連記事