大阪で「一番早い」花火大会 高石シーサイドフェスティバル

泉州に夏の訪れを告げる「高石シーサイドフェスティバル」が、6月19日(日)10時から、高石市の浜寺公園南児童遊技場特設ステージなどで開催される。

今年は市制施行50周年を記念し、20時からの花火は例年より多い2600発打ち上げる。

主催者によると、大阪で一番早い花火大会という。

大阪で一番早い花火が打ち上がる
大阪で一番早い花火が打ち上がる

今年で4回目の開催。年々来場者が増加しており、昨年は約2万5000人が訪れた。

昨年のイベントの様子
昨年のイベントの様子

熊本県観光PRキャラクター「くまモン」が過去に出演した縁で、熊本地震の被災地を応援しようと、14時から「熊本物産展」を開催する。募金箱も設置する予定。

特設ステージでは、吉本芸人のダイアン、ゆりやんレトリィバァが出演し、アンパンマンショーなども実施される。

問い合わせは、℡072・275・6138、高石市総合政策課地域創生係、当日の開催については、午前8時以降に℡0180・997・040へ。

【イベントスケジュール】

■フリーマーケット(浜寺公園交通遊園前広場)10時~15時 

■熊本物産展(浜寺公園南児童遊戯場特設ステージ付近)14時~

■ステージイベント(浜寺公園南児童遊技場特設ステージ)14時~

■花火打ち上げ(浜寺運河護岸、北側野球場付近)20時~(予定)

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

あなたにおすすめの記事