旅さきは長崎 大型観光キャンペーンが開幕 JR新大阪駅で団体臨時列車の出発式

 長崎県で10月から12月まで開催される大型観光キャンペーン「長崎デスティネーションキャンペーン(DC)」の開幕に合わせ、長崎へ向かう旅行客を乗せた山陽新幹線の団体臨時列車「オープニング記念号」の出発式が、10月1日午前、JR新大阪駅の新幹線ホームで行われた。

「オープニング記念号」の出発を祝ってテープカットする関係者たち
「オープニング記念号」の出発を祝ってテープカットする関係者たち

 出発式には長崎県大阪事務所の金子昌彦所長のほか、JR九州とJR西日本の担当部長、JR西日本とJR東海の新大阪駅長、団体旅行を主催する日本旅行の堀坂明弘代表取締役社長が出席。金子所長は「長崎県を訪れた人に、『また来たい』と言ってもらえるように、県全体でおもてなしを向上させたい」と長崎DCへの抱負を語り、旅行者代表の女性2人に、記念品として波佐見焼のカップが贈られた。

長崎DCの「オープニング記念号」の発車合図をするJR西日本・JR東海の新大阪駅長
長崎DCの「オープニング記念号」の発車合図をするJR西日本・JR東海の新大阪駅長

 長崎DCは、JRグループと長崎県、地元自治体、観光事業者が連携し、「旅さきは、ながさき。」をキャッチフレーズに12月31日(土)までの3カ月間に渡って開催する。観光地ではDC期間中限定の特別企画や特典を用意し、長崎の観光の魅力を全国に発信する。

 JR西日本では「長崎佐世保早特フリーきっぷ」などを発売しているほか、日本旅行でも特別企画の旅行商品をラインアップしている。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

関連記事