元気な鳥取県へウェルカニ! 平井知事ら大阪駅で観光PR 地震も旅行に影響少なく 

抽選会で松葉がにの目録を手渡しする平井伸治鳥取県知事
抽選会で松葉がにの目録を手渡しする平井伸治鳥取県知事

 鳥取県中部で発生した地震により、観光への影響が心配される中、一部の施設を除き、多くの観光地は通常通り営業していることを知ってもらおうと、平井伸治鳥取県知事らが10月28日、JR大阪駅を訪れ、買い物客や通勤・通学客らに「元気な鳥取」をPRした。

 大阪ステーションシティ2階の広場に作られた会場には、平井知事のほか、とっとり観光親善大使の稲井巳幸さん、とっとりふるさと大使で落語家の桂まん我さん、さらに梨生産の関係者、三朝温泉などの旅館関係者らが顔をそろえた。

 挨拶した平井知事は「大きな地震でしたが、県民が一丸となって復旧に努めた結果、多くの観光地は従来通り、お客様をお迎えできる状況です。11月6日には松葉がに漁が解禁され、温泉も良い季節。被災地に来ていただくことが、一番の応援になります。関西の皆様のまごころを信じています。ぜひ鳥取へウェルカニ!」と、来訪を呼びかけた。

 また、大阪駅に先立ち、JR西日本本社に同社の来島達夫代表取締役社長を訪ね、送客強化に向けた支援を要請した。

 会場では、地震で落ちた梨のふるまいや、ズワイガニ、梨が当たるガラポン抽選会も。抽選に参加した一般客も混ざって記念撮影する一幕もあり、これから本格化する観光シーズンを前に気勢を上げていた。

元気な鳥取を発信しようと記念写真に収まる知事と関係者たち
元気な鳥取を発信しようと記念写真に収まる知事と関係者たち

 鳥取県によると、鳥取砂丘や三朝温泉、境港の水木しげるロードなど各地の観光施設・宿泊施設は目立った地震の影響はなく、通常通り営業している。

 JR西日本と智頭急行も京阪神と鳥取・倉吉方面を結ぶ特急「スーパーはくと」を通常運行している。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー タグ:

関連記事