3年連続で年間入場者数の過去最高記録を更新!
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)は3月17日、
2016年度の年間入場者数が1390万人を突破し、
3年連続で年間入場者数の過去最高記録を更新した。
2014年度の入場者は1270万人、15年度は1390万人だった。

 15周年を迎え、2016年3月から「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)さあ、やり過ぎよう、生き返ろう」を
テーマに、フライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」ほか、
1年を通してさまざまな“やり過ぎ”エンターテインメントを展開。
季節ごとのイベントや、「エヴァンゲリオン」など
日本のエンターテインメントブランドのアトラクションが楽しめる
「ユニバーサル・クールジャパン」(開催中)ほかで、
国内外の集客を増やした。

パーク中が祝福ムードに

 

 3連休の前日となる同日、大勢のゲストが入場する中で
年間入場者数の記録達成のファンファーレが鳴り、
パークじゅうがお祝いムードに包まれた。記録を達成した瞬間、
「エルモ」「スヌーピー」「ミニオン」ほか人気キャラクターとクルーが、
紙ふぶきを投げて記念すべき瞬間を盛り上げた。

 2017年は、“やり過ぎ限界突破”をテーマに、15周年の“やり過ぎ”体験を超えて、
さらに限界を突破するエンターテインメントを登場させる。4月21日(金)からは、
世界最大のミニオン・エリア「ミニオン・パーク」がオープン、
「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」に壮大なナイトショーが登場。
今年もパークから目を離せない1年になりそうだ。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

関連記事