JR京都駅前に「KYOTO TOWER SANDO」 京都タワーがリニューアル 定番から限定品まで土産とグルメ充実

  JR京都駅前に新たな商業施設「KYOTO TOWER SANDO(京都タワーサンド)」が4月14日(金)オープンした。京都のランドマーク「京都タワービル」の地下1階~地上2階の商業ゾーンが全面リニューアルし、京都土産の定番店から隠れた名店まで55店舗が出店。街と駅、観光客と生活者をつなぐ新しいにぎわいの拠点として注目されている。

 「街・駅に続く、3つめの選択肢へ。これまでにない、これからの京都」をコンセプトに、京都駅前という立地特性と、京都タワーの認知度をふまえ、外装は京都の玄関口にふさわしい顔と明るさを演出してデザイン、内装もクラシックとモダンの融合を表現し、新しい京都を感じさせるものとした。

地下1階はバラエティー豊かな食が楽しめるフードホールになっている

 地下街ともつながる地下1階は「京都を味わう食べ歩きが楽しいフードホール」。19店舗がそろい、店内カウンターを含めて約400席のフードコートがお目見えした。フロア内は自由に飲食でき、深夜23時まで営業のため、観光客はもちろん、近郊で働くビジネスパーソンらにも人気を呼びそうだ。「KYOTO TOWER SANDO バル」は、京都の地酒や、和食に合うワイン作りを掲げる京都ワイン、クラフトビールなどをそろえ、日本酒をワイングラスで提供するなど、食の新スタイルを提案する。抹茶や竹炭、鰹だしといった日本や京都ならではの素材を使った独創的なカクテルが楽しめる「the ROOTS of all evil(ザ ルーツ オブ オール イーヴル)」も注目だ。

1階には京都らしい和洋菓子が集結。写真は七條甘春堂。
「京都北山マールブランシュ」は店限定の「生茶の菓アイスバー」を販売

 1階は「京都らしい逸品が集まるマーケット」。京都の和洋菓子から漬物、コスメ、カフェなど、大人の女性が満足できる31店が出店した。人気洋菓子店「京都北山マールブランシュ」が「京都クオリティ」をコンセプトに展開する旗艦店では、ここでしか味わえないお濃茶「生茶の菓アイスバー」が登場している。「京都しゃぼんや」はメイド・イン・京都にこだわるセレクトショップで、職人が手作りする無添加洗顔石鹸や、「祇園辻利」「Dari K」など京都の人気店とコラボした新感覚のリップクリームなどがそろう。落雁専門店「UCHU wagashi(うちゅうわがし)」、生あんを練り込んだカラフルパッケージのクッキーが買える「都松庵」も話題だ。

京都らしい素材を使った雑貨がそろうショップも
2階には「おたべ」の体験道場もある

 2階は「体験で思い出になるワークショップ」。七條甘春堂、大起水産、おたべが生八ツ橋作りなど、合計5店舗が出店し、和菓子体験、寿司の握り方教室、生八ツ橋作りなどの外国人観光客らにも人気を呼びそうな体験プログラムを提供する。

 京都タワービルは前回の東京五輪があった1964(昭和39)年に竣工。高さ131メートルの京都タワーと一体化しており、国際文化観光都市である京都の玄関口として広く親しまれ、商業ソーンは京阪流通システムズが運営している。

 地下1階は11~23時、1・2階は9~21時。年中無休。https://www.kyoto-tower-sando.jp/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

関連記事