最大30倍! 巨大化した「コップのフチ子」と生き物のコラボとは? 万博公園「ニフレル」

 吹田市「EXPOCITY」の生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」は人気カプセルトイの「コップのフチ子」とコラボレーションし、4月27日(木)~9月3日(日)、「FUCHICO on the NIFREL」を開催する。ニフレルの生き物のほか、キュレーター姿の「コップのフチ子」の大型フィギュア計7体が、水槽など館内のいろいろな“フチ”に登場する。

展示イメージ(キュレーター姿のコップのフチ子とオニオオハシ)

 カプセルトイメーカーの株式会社キタンクラブとコラボ。ニフレル館内では、カプセルトイ「NIFREL×PUTITTO MUSEUM SERIES~コップのフチ子ver.~」を限定発売しており、今回は人気の高いホワイトタイガーやイリエワニなどの大型動物や、「うごきにふれる」ゾーンで自由に暮らすカピパラ、ワオキツネザルのカプセルトイが最大30倍に“巨大化”して展示される。植え込みのフチに腰をかける等身大の「コップのフチ子」はニフレルのキュレーター姿に変身し、肩にはオニオオハシを乗せる。生き物とポップカルチャー、大型フィギュアとニフレルの特徴である空間展示が融合し、新たな魅力が加わる。

展示イメージ(ナポレオンフィッシュとイリエワニ)

 生きているミュージアム「NIFREL(ニフレル)」は、海遊館(大阪市港区)がプロデュース。「感性にふれる」をコンセプトに、水族館、動物園、美術館のジャンルを超え、子どもから大人まで幅広い世代の感性を豊かにする展示がある。「いろにふれる」「うごきにふれる」など7ゾーンで構成し、館内カフェやスーベニアショップも充実している。

 営業時間は10~20時(最終入館は19時)。年中無休。大人(16歳以上)1900円、小中生1000円、3歳以上600円。大阪モノレール万博記念公園。4,100台の駐車場。

 問い合わせは0570-022060、ニフレルインフォメーション。http://www.nifrel.jp/

カプセルトイ「NIFREL×PUTITTO MUSEUM SERIES~コップのフチ子ver.~」



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー タグ: ,

あなたにおすすめの記事