自然とマンガ&メディアアートが遊ぶ森? 「ニジゲンノモリ」 淡路島にオープン

 明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路市にある兵庫県立淡路島公園に、自然とマンガ・アニメなどの“2次元コンテンツ”に、映像などのメディアアートを融合させた体験型アニメパーク「ニジゲンノモリ」が7月オープンした。

 県の公募で選ばれたパソナグループが民間のアイデアで観光客誘致を図ろうと、公園内の「森のゾーン」と「交流ゾーン」を活用し、さまざまなアトラクションを新たに開設した。

ナイトウォーク火の鳥
©Tezuka Productions

 「ナイトウォーク火の鳥」は、夕方・日没以降限定で、手塚治虫氏原作の「火の鳥」を題材に、公園内の自然をプロジェクションマッピングなどを使って光と音で演出する。オリジナルのストーリーを追いながら、約1.2キロ、約90分にわたって幻想的な世界を体感できる。19~22時。大人3,300円、子ども1,200円。オープン前特別料金大人3,000円、子ども1,100円。

 「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」は、人気キャラクター「アクション仮面」をモチーフに空中を滑空する「チャレンジ!アクション仮面飛行隊」(1,800円)や、映画をモチーフにしたアスレチック「アッパレ!戦国大冒険!」(童コース600円ほか)などがそろう。

アッパレ!戦国大冒険!
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK1993-2017

 いずれも季節に応じて営業時間の変更あり。今年秋には利用者用の宿泊施設もオープンする予定となっている。

 問い合わせは電話0799・64・7061、『ニジゲンノモリ』運営事務局へ。

http://nijigennomori.com/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

あなたにおすすめの記事