「終活セミナーin千里」 大津びわ子さんのお話もにぎわう

3月24日(木)千里朝日阪急ビル4階のA&Hホールで(株)アサヒ・ファミリー・ニュース社主催の「終活セミナーin千里」を10時~16時で開催しました。

「終活」とは、人生の終わりをより良いものにするために事前に自分で準備をする活動のことです。

当日は肌寒い気温の中、「終活」に関心のある熱心な方々がご来場くださいました。

 

まずセミナーのトップバッターは、和なり創健株式会社から齋藤真由美さんが「任意後見を活用した終活の備え」をテーマに講演されました。

テレビの情報番組「増える成年後見人トラブル」特集にもゲスト出演された齋藤さんが、法定後見制度と任意後見制度の違いをわかりやすく説明し、そこから任意後見制度のメリットや実例を紹介してくれました。

 

続いては、板倉司法書士事務所 板倉重一さんによる「ありがとうで終わる人生を~遺言書作成のすすめ~」の講演でした。

ご家族や周囲の方に感謝を伝えることができる最後の手紙が遺言書になるというお話のあと、作成にあたっての具体的な進め方を案内されていました。

 

午前最後は、株式会社日本レーベン 山崎正晴さんの「高齢者の住まい 選び方のポイント」セミナーでした。

高齢者を取り巻く環境からスタートしたお話は、シニア世代の住まいの類型とその特長へと進みました。

 

13時からのスペシャルトークライブは、大津びわ子さん。MBSラジオ「ヤングタウン」のアシスタントとして活躍され、現在FM千里「びわ☆VIVA!びわりん♫」(毎週土曜日16時~16時30分)にも出演されています。

テーマは「ラジオの秘密と若さのひけつ」。

声はヤンタン時代から変わらない?びわりん健在でした。
声はヤンタン時代から変わらない?びわりん健在でした。

 

ヤンタンのアシスタントになったいきさつ、ヤンタン時代から続くさんまさんや鶴瓶さんとのエピソードなど、本当に楽しく話される大津さんを観て、参加された来場者の皆さんも幸せな気持ちになられたのではないでしょうか。

 

続いてのセミナーは、株式会社加納 内藤公夫さんによる「お葬式って何にいくらかかるの? 今やお葬式は生前に相談の時代」。

家族葬や直葬など最近は様々な形の葬儀があり、自分のご希望を叶えるためには、やはりご自身が元気なうちに相談しておくことが重要!葬儀にかかる費用の内容を具体的に説明され、わからないときは率直に聞いてくださいとのアドバイスもされていました。

 

そしてセミナー最後は、「今だから行ける海外旅行術」と題し、株式会社朝日旅行 渡邉孝史さんが講演されました。

60代以上の方には長時間のフライトの前後にゆっくり宿泊することや、ホテルへの連泊のある滞在型のプランを薦めておられました。

 

今回のセミナーを開催してみて、「『終活』という言葉は聞いたことがあるけど、なにをどうやってすればよいの?」という方がいる一方で、すでに取り組んでいる方も多くいたことに驚きました。各講演後には、その企業のブースで資料を手に、熱心に質問や相談をされている姿も多くみられました。有意義な情報を得ていただけたら、嬉しく思います。

 

なんとか、また「終活」イベントができればと考えています。

当日ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

関連記事