ふしぎジオラマミュージアム   7月14日(土)~9月9日(日)兵庫県立歴史博物館

ポリオラマ・パノプティーク/兵庫県立歴史博物館蔵(入江コレクション)

 小さな箱の中で展開する不思議世界。兵庫県立歴史博物館が7月14日(土)~9月9日(日)、滋賀県長浜市にある海洋堂フィギュアミュージアム黒壁とのコラボレーションで「ふしぎジオラマミュージアム」を開く。
 「ジオラマ(diorama)」は、模型で様々な情景を再現したものをさすが、もとは光学的な仕掛けを用いて絵を別の世界のように錯覚させるバーチャル・リアリティのことで、ルーツはのぞきからくりといえる。同展では、同館所蔵「入江コレクション」の光学玩具・組上絵(くみあげえ)と、海洋堂フィギュアミュージアム黒壁で制作されている「ボックスジオラマ」を通じて、ジオラマの歴史をたどる。ボックスジオラマでは、水族館やお化け屋敷、動物園など、箱の中で展開する不思議な視覚世界を楽しむ。
 特別展にちなんだイベントも開かれる。
 ■館長対談「フィギュアとミュージアム」 8月19日(日)14時~15時半。ゲストは海洋堂代表取締役社長の宮脇修一さん。無料。定員100人(先着順)。
 ■ワークショップ「ボックスジオラマをつくろう」 8月11日(土・祝)・12日(日)13時半~。参加費1,000円。小学生以上、定員20人。7月29日(日)までに要申し込み。
 ■歴はく倶楽部「粘土で恐竜をつくろう」8月26日(日)10時~11時半、13時~14時半。参加費100円。定員各25人、先着順・申し込み不要。

 観覧料は大人千円、大学生700円、高校生以下無料。10時~17時(入館は16時半まで)、月曜休館(ただし7月16日〈月〉は開館、17日〈火〉は休館)。JR姫路駅前から神姫バス「姫山公園北・博物館前」下車。電話079・288・9011。

https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/

 

冷蔵庫が水族館に?/海洋堂フィギュアミュージアム黒壁製作 ⓒKAIYODO
パノラマ「恐竜時代」/海洋堂フィギュアミュージアム黒壁製作 ⓒKAIYODO




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事