「愛顔」の感動エピソード&写真を募集 愛媛県がコンテスト 7月31日(月)まで

 愛媛県は、“愛顔(えがお)”あふれる感動エピソードや写真を7月31日(月)まで全国から募集している。

 愛媛県では、県名にちなみ、人と人の助け合いや支え合いの根底にある「愛」と、困難にくじけることなく挑戦し、道が開けた時にこぼれる「笑顔」を結びつけ、「愛顔(えがお)あふれる愛媛県」をキャッチフレーズに施策を進めている。そんな取り組みを広く知ってもらおうと企画したのが今回のコンテストで、エピソードは苦難の時や人生に迷いそうになった時などに励ましてくれた人、愛する家族、大切な友人らとの自身の体験談を日本語で800字以内でまとめる。一般の部と高校生以下の部があり、それぞれに知事賞(一般=賞金10万円・高校生以下=図書カード1万円)をはじめ、特別賞、優勝賞、入選などが用意されている。

 また、写真募集は赤ちゃん出産直後の両親や、孫の七五三の時の祖父母、さらに学校でのクラスメート、家庭のペットなど、自身が撮影した“愛顔”あふれる感動シーンを対象にしている。小学生、中学生、高校生、一般の4部門があり、それぞれに知事賞(学生=図書カード3,000円~1万円・一般=賞金10万円)をはじめ、白川義員特別賞、河原学園賞などが設定されている。

愛顔の感動エピソードと写真募集をPRする愛媛県大阪事務所の鈴木浩司さん

 芥川賞作家の新井満さん、俳人で愛媛県出身の神野妙希さん、中村時広愛媛県知事が審査にあたり、写真は写真家の白川義員さんが特別審査委員に加わる。受賞作品は小冊子にして広く配布するほか、エピソードの知事賞作品は愛媛県出身の声優・水樹奈々さん朗読による動画作品を制作し、インターネットで配信する。

 愛媛県大阪事務所の鈴木浩司さんは「愛媛県は見どころやおいしい物が盛りだくさんです。関西からもたくさん応募いただき、愛媛に関心を持ってもらうきっかけになればうれしい」と話している。

 応募方法など詳しくは愛媛県ホームページで公開している。

 http://www.pref.ehime.jp/h13000/kandomonogatari.html

 問い合わせは電話089・912・2972、愛媛県文化・スポーツ振興課「愛顔感動ものがたり」作品募集係へ。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事