往年の王侯貴族や大富豪が情熱を注いだ宝飾品の数々が一堂に!
~ピリオディック(年代物)ジュエリーフェア~

 誰もが気軽に参加して宝石の売り買いを楽しめる店として、約27年前に開設された「JEX宝石ギャラリー大阪駅前店」(大阪市北区)は、6月25日(日)・26日(月)、「第59回 世界のピリオディック(年代物)ジュエリーフェア」を開催する。

 往年の王侯貴族や大富豪たちが宝飾品に注いだ情熱のすごさがうかがい知れる作品の数々が出展される。

 特に注目される品は、南米コロンビアの国宝級ともされる大粒のエメラルド  ダイヤモンドリングや、ハリー・ウィンストンが精魂込めて作った、97石ものミャンマー産・非加熱のルビーを配したダイヤモンドネックレスなど。また、豊富な作品の中には、フィラデルフィアの大富豪の所蔵品の一部も破格値で出展される予定で、こちらも楽しみだ。

 入場は無料。問い合わせは 、06-6342-0001 JEX(ジェックス)宝石ギャラリー大阪駅前店(大阪駅前第2ビル 南側1階)。27日(火)~28日(水)には、東京銀座店(03-5537-5557)でも開催する。

Pt/K18エメラルド ダイヤモンドリング

ジュネーブ 1965年ごろの作品

1石のエメラルドカットE=42.23ct(コロンビア産/AGL)

22石のラウンドカットD=2.89ct

太古の昔から絶大な人気を誇ったエメラルド。貫禄と、高い透明度を誇る。

Ptルビー ダイヤモンドネックレス

ハリー・ウィンストン 1960年ごろの作品

1石のトリリアントカットD=2.56ct、97石のラウンドカットR=31.45ct

(ミャンマー産 非加熱/AGL)、97石のラウンドカット&118石のバゲットカットD=15.81ct

2.56ctの美しいトリリアントカットダイヤモンドを入手したハリー・ウィンストンが、入念にデザインを検討し、作品化したネックレス。熟練技が、ハリー・ウィンストンならでは。

 

K14エナメルブローチ

フィラデルフィア 1930年ごろの作品

アメリカの恐慌を乗り越えるため、アメリカのアイデンティティーを

鼓舞する、建国13州の星をあしらったデザイン。愛国心あふれる作品。

 

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート タグ:

あなたにおすすめの記事