彫刻とドローイングの新たな関係テーマに 神戸・BBプラザ美術館で企画展「拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング」

植松奎二〈Situation-Gravity axis 置-重力軸〉2017

 神戸市灘区のBBプラザ美術館(阪神岩屋)は、「彫刻とドローイングの関係」をテーマにした展覧会「拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング」を開いている。

 木や石、金属などを材料に立体的に表現する彫刻と、紙や布などの平面上に描画するドローイング。今展はそんな従来のイメージを超えて表現を紡ぎ出す「熱き男たち」3作家が月替わりで紹介され、新しい時空間が体感できる。パフォーマンスやトークショーも予定。イベント詳細はHPまで。http://bbpmuseum.jp/

Ⅰ期:植松奎二展=7月30日(日)まで 

Ⅱ期:JUN TANBA展=8月4日(金)~27日(日) 

Ⅲ期:榎忠展=9月3日(日)~28日(木)

一般400円、障がい者・65歳以上200円、大学生以下無料。10~18時。

月曜休館(祝日の場合は翌火曜) ℡078・802・9286

 

 

JUN TAMBA〈横たわる人〉2016
榎忠〈FALCON〉2011




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事