有元利夫展 物語つむぐ約50点 アサヒビール大山崎山荘美術館

 アサヒビール大山崎山荘美術館(JR山崎・阪急大山崎)は、企画展「有元利夫展-物語をつむぐ」を12月10日(日)まで開いている。

有元利夫《花降る日》 1977年
三番町 小川美術館蔵
ⒸYoko Arimoto

 有元は1978年に具象洋画の登龍門であった安井賞展で特別賞を受賞。さらに81年の同展で大賞である安井賞に輝くものの、85年に急逝。独特の存在感あふれる絵画、版画などの作品は多くの人に愛されている。詩的な静寂に包まれ、見る人に物語を想起させる絵画、版画や立体を含めた有元の主要作品約50点が展示されている。

 一般900円、高大生500円、中学生以下無料。月曜休館(ただし、10月9日、11月20日。27日、12月4日は開館。10月10日<火>は休館)。℡075・957・3123。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート タグ:

あなたにおすすめの記事